小早川 毅彦。

そして答えに入り、正解者は5組のうち、私の隣の女性のグループが正解して、私はニアピンでしたが、FCTからゴジテレメモと、ニアピンの人は置き時計を頂きました。

84年ドラフト2位で広島に入団。

125 0 0 0 4500万 1997年(36) ヤクルト 116. キャンプでは変わろうという意識が伝わってきて、厳しさも出ていた。

その甲斐あってか、1年目に新人王を獲得する。

1年生から四番打者となり、史上最年少で六大学野球のベストナインを獲得。

現在は元スチュワーデスの方と再婚されており、その間にも子供を一人設けています。

俺もプロに行きたいと思った」 83年、ドラフト2位で広島東洋カープから指名を受ける。

2008年6月14日にでの西武対広島戦の始球式にて投手を、打者を小早川がつとめ、1991年の日本シリーズ以来17年ぶりの対決が再現された。

51

これで引退を決意したという。

24本塁打・93打点でその年の最多勝利打点王を獲得する。

834 一 94 三 2 小早川 毅彦 29 1991 平成3 6 92 270 239 24 62 14 0 7 97 39 0 1 1 3 25 0 2 38 5 0 - 4. ありのままを素直に受け入れることも、俺の役目」 控えに回っても、腐ることなく、役割を全うすることができたのは、山本浩二や衣笠祥雄らが築き上げたカープの文化といえよう。

「広島カープを去ることは、寂しかった。

999 - - - - - - - - - - - - - - - - - - 32 1994 平成6 6 36 257 29 1 31. その甲斐あってか、1年目に新人王を獲得する。