スタンダード プリ コーション。

空気感染する微生物の飛沫核の吸入を防ぐために着用。

スタンダード・プリコーションでは主に「血液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物、創傷皮膚、粘膜など」を感染の危険性があるとして取り扱うことを勧めています。

病棟師長などの管理責任者に報告し、報告書を提出するなど病院内のマニュアルに従って行動します。

主な感染経路 よく知られている感染経路は次の6つです。

「感染源」、「感染経路」及び「感受性が存在する宿主」の3つを感染症成立のための三大要因といいます。

使用した器材やリネン類は適切に消毒し、滅菌を行い、汚染されたものは汚染を拡散しないように注意し扱います。

湿性生体物質に汚染されている場合は、マスクのほかに手袋やプラスティックエプロンを着用して取り扱う• 当院では効果も大きく安心安全につながるオゾン水による消毒・減菌を徹底しております。

73
マスク• 消毒し繰り返し使用できるもの、使い捨てのものなど状況に合わせて使用します。 「すべての患者 の血液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物、創傷皮膚、粘膜などは、感染する危険性があるものとして取り扱わなければならない」という考え方を基本としています。 滅菌された注射器具の汚染を防ぐために、無菌操作を徹底する。 血液や体液、傷のある粘膜などに触れる際、血液や体液などが飛散して自分自身が汚染される可能性がある場合には防護具を着用します。 職員の健康管理 外から出入りするスタッフによる感染源の持ち込みを避けるため、定期的な健康診断や勤務前の体調チェック、日々の健康管理に注意を払う必要があります。 標準予防措置策(スタンダード・プリコーション)は、病院の患者だけを対象としたものではなく、感染予防一般に適用すべき方策であり、高齢者介 護施設においても取り入れる必要があります。 具体的には、腰椎穿刺、硬膜外麻酔、脊髄麻酔、ミエログラムなど 高頻度接触表面に対しての洗浄および消毒• そのため、洗濯工程までの取り扱いが重要になります。 米紙ニューヨーク・タイムズは4月、職業別の感染リスクを報道しました。
26 42