大家 さん と 僕 グッズ。

手塚 4コマ漫画の連載も! 矢部 1冊目を読んだ鉄拳さんが「僕に才能があったら映画化したい」と言って下さったこと、本当に嬉しかったです。

芸人から急に漫画家にもなった矢部さんの「原点」がうかがえる作品でもある。

矢部 醤油とかマヨネーズとかつけるんですか? 小野寺 なにもつけないですね。

すでに『大家さんと僕』の漫画は世に出ていましたから 「この人、元大家さんと比べてるんじゃないの? また漫画書こうとしてんじゃないの」とか思わせたら申し訳ないですよね。

スタッフさんがロケハンに来ても、「なんか違うな」と思われたんでしょうね。

小野寺 まずは、そうですね。

春日 番組側の負担で修復されるにしても、自分のアパートがめちゃめちゃにされているのを笑って見られるってなかなかのツワモノですよ。

能町 加寿子荘は駅から近く環境も良かったですし、元々は下宿用に建てられたのか外から見ると古い一軒家にしか見えなくて、内階段だから逆にセキュリティも良い。

矢部 僕に5分も時間をくれるテレビ番組なんてありませんから(会場笑)。

それは矢野さんにも共通しているところだと思っています。

56
絵の具や筆、スケッチブックに画用紙と道具もたくさんあって、父が絵を描いたり、編集者の方と打ち合わせをしたりするのをよく覗きに行っていました 矢部 まったく同じです! 色んな意味で調子に乗らないように気を付けています……
あと、洗濯機置き場がなかったのも不便でした もちろん、絨毯じゃなくフローリングでしたし、家賃も10万円以内で、そんなに高くない
シンプルなコマ割りのなか、疾走する車が生き生きと描かれていて、「車を描く」と言えばあれだな、と でも、上川くん、なんか僕っぽいんですよ
1話分だけでいいから、「鉄拳さんと僕」を描いて下さいよ それから絵を描いて、マンガにしていくんです
小野寺 ぼくは一回、全部、下書きするんですよ 矢部 バラエティの企画でやるやつですよ、「ちくわ生活」
それまでも『ブラック・ジャック』などを読んだことはあったのですが、『まんが道』では、いかに手塚先生の漫画が革新的であるかということが分かりやすく説明されていて、ただ作品が面白いという以上の「偉大さ」みたいなものを感じました そういえば、手塚のファンクラブに入って下さっていたのですよね? 矢部 今日いらっしゃっている多くのファンの方を前に恐縮なのですが、小学生の高学年の時に入っていました
『大家さんと僕』、気に入っていただけたということで、お部屋に置いていただけないでしょうか 手塚 『大家さんと僕』は本当に素晴らしい作品です
20歳で芸人になってからも、しばらくは実家住まいだったそうですね 僕、だら~っと進めてたんですね
矢部 能町さんも充分、よく分からない関係じゃないですか(笑) いつも家にいて、ずっと絵を描いているお父さん
45