君 と の ラブ ストーリー 歌詞。

そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」. GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。

Official髭男dismさん『Pretender』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。

旧道沿いの居酒屋を出てから僕が無口なのは 今日君を家に誘うその口実を探しているんだよ 駅まで3分ちょっと近過ぎたよな 酔っぱらった僕に君はまたねと小さく手を振った 今度は君を追いかけて もう今日はここにいなよって ちゃんと言うからまた遊びに来てよ もう終電に間に合うように送るようなヘマはしない もうしないからさ 改札入って振り返り 気を付けてねとまた君は手を振る 僕も同じ言葉を言いながら呼び止めなきゃと心で繰り返す 各駅停車は君を連れ去ってゆく 僕の関われない毎日へとガタンゴトン 君を縛る為の名前を持たない僕の 時間は24時20分まで 階段上って見渡せばいつもの見慣れた風景で ついさっきまでこの街に君がいたのか あぁ君がいたのか 今度は君を追いかけて もう今日はここにいなよって ちゃんと言うからまた遊びに来てよ もう終電に間に合うように送るようなヘマはしない もうしないからさ 月の明かりに照らされた 黒い髪 横顔 唇を 思い出して胸が苦しくなるよ その全部が僕のものなら悲しい想いなどさせない 絶対させないのにな もう終電に間に合うように送るようなヘマはしない もうしないからさ. そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。

君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。

慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。

私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。

僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。

髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。

【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。

作詞:つじあやの 作曲:つじあやの このまま君と愛を選ぼう このまま永遠に君と笑おう 心と心 瞳と瞳 つながってるって 僕は感じてしまった 予測不能で 行方不明な 君の気まぐれに 時が弾んでいくんだ 生きている僕たちは 泣けてくることばかり でも深呼吸して 手をつなげば 晴れた空見えてくる 転がって転がって抱きしめる このぬくもりを離さない 君のためなら何でもしたいよ 嘘じゃない夢じゃない目覚めたら この腕の中 愛おしい 君がいるから 今日も続くラブストーリー のらりくらりと のたりのたりと 春の木洩れ日に ちょっと出かけてみようか 言葉のような 魔法のような 君の歌声が 胸をとかしていくんだ ちっぽけな悲しみに 潰される夜もある でも窓を開けて 手を伸ばせば 流星落ちてくる 戸惑って誤って傷ついて 雨に濡れても かまわない 君の涙は全部受け止めよう 嘘じゃない夢じゃない 少しだけ強くなってる気がするよ やっと出会えた 君と僕のラブストーリー 転がって転がって抱きしめる このぬくもりを離さない 君のためなら何でもしたいよ 嘘じゃない夢じゃない目覚めたら この腕の中 愛おしい 君がいるから 今日も続くラブストーリー konomama kun to ai wo era bo u konomama eien ni kimi to wara o u kokoro to kokoro hitomi to hitomi tunagaxtu teru tte boku ha kan zi te simaxtu ta yosoku hunou de yukuehumei na kimi no ki magure ni toki ga hazu n de iku n da i ki te iru boku tati ha na ke te kuru koto bakari demo sinkokyuu si te te wo tunage ba ha re ta sora mi e te kuru koro gaxtu te koro gaxtu te da kisimeru kono nukumori wo hana sa nai kimi no tame nara nan demo si tai yo uso zya nai yume zya nai meza me tara kono ude no naka ito osii kimi ga iru kara kyou mo tuzu ku rabu suto-ri- norarikurari to notarinotari to haru no komo re bi ni tyotto de kake te miyo u ka kotoba no you na mahou no you na kimi no utagoe ga mune wo tokasi te iku n da tippoke na kana simi ni tubu sa reru yoru mo aru demo mado wo a ke te te wo no base ba ryuusei o ti te kuru tomado xtu te ayama tte kizu tui te ame ni nu re te mo kamawa nai kimi no namida ha zenbu u ke to meyo u uso zya nai yume zya nai suko si dake tuyo ku naxtu teru ki ga suru yo yatto dea e ta kimi to boku no rabu suto-ri- koro gaxtu te koro gaxtu te da kisimeru kono nukumori wo hana sa nai kimi no tame nara nan demo si tai yo uso zya nai yume zya nai meza me tara kono ude no naka ito osii kimi ga iru kara kyou mo tuzu ku rabu suto-ri-. 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。

6
Official髭男dismさん『Pretender』の歌詞 プリテンダー words by フジワラサトシ music by フジワラサトシ Performed by オフィシャルヒゲダンディズム. 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry. だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。
永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません
その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう
ほら、また怒ってるの? 僕何かしたかな また何かしたかな でも怒りの想像は 僕の想像を 遥かに超えて あれ、もしかして泣いてるの? 突然どうしたの 電話しようよ 次第に無言の空気は 夜を伝って 耳を伝って よく聞いてよ 君が好きだって言うことは当たり前 そんな前提のことで 君に何を言われても僕はずっと好きでいれたんだから 君の無邪気な笑顔とかくしゃくしゃな髪ごと食べてしまおうか そんなことを思い描き続けていても変わらないよなぁ じゃあ、今度どこにいこうか? 何をしようか?何を食べようか? でも 次第に笑顔は消えて あれ?日々映るものが色褪せ始めていたんだ 生温い優しさなんか今は分からなくても良いさ 優しさって具体的にはどうしたら強さに変わるんだ? 薄れるような優しさなんか今は分からなくても良いさ 薄れるような優しさなんか僕にはないんだ 愛されてると分かったところで 気付くのはいつもふとしたところで 君の好きな俳優にもまだ僕は勝てていないなら どこから巻き返していこうか 今できることが思いつかなくて そんなことじゃ まだしばらくここから 進めないよなぁ ハッピーエンドはまた今度にしようか. 試聽 在 KKBOX 中開啟 ラブ・ストーリーは突然に 作詞:小田和正 作曲:小田和正 何から伝えればいいのか 分からないまま時は流れて 浮かんでは 消えてゆく ありふれた言葉だけ 君があんまりすてきだから ただすなおに 好きと言えないで 多分もうすぐ 雨も止んで 二人 たそがれ あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま 誰れかが甘く誘う言葉に もう心揺れたりしないで 切ないけど そんなふうに 心は縛れない 明日になれば君をきっと 今よりもっと好きになる そのすべてが僕のなかで 時を超えてゆく 君のためにつばさになる 君を守りつづける やわらかく 君をつつむ あの風になる あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま 今 君の心が動いた 言葉止めて 肩を寄せて 僕は忘れないこの日を 君を誰れにも渡さない 君のためにつばさになる 君を守りつづける やわらかく 君をつつむ あの風になる あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま 誰れかが甘く誘う言葉に 心揺れたりしないで 君をつつむ あの風になる あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう
だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか
性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います