いちご 狩り 久留米。

品種は、あまおう、さちのか、さがほのか、紅ほっぺあきひめ、とちおとめ。

「Fruitelier フルトリエ 」さんも、始まりはもちろん梨から。

糖度が高く、実がひとつひとつ大きいのがその特徴。
ホームページのクーポンで入園料100円割引。 ぶぜんフルーツランド 高設栽培と土耕栽培の2タイプのハウスがあるぶぜんフルーツランド。 高設栽培。 車椅子ご利用の方も楽しんでいただけるよう、通路幅も確保されています。 「おいしいいちごを作るのが本質です」と、智樹さんはきっぱりと言い切ります。 とよのか(豊香) かつては九州から西日本で広く栽培され、東の女峰と人気を分けた時代がありました。 ジューシーで香りがいいのでイチゴ狩りでも人気。 来訪者に美味しいいちごを食べていただけるように、 有機肥料によりいちごを育てられていて、福岡県の基準の5割以下の 減農薬で栽培し、人と環境にやさしい「 ふくおかエコ農産物」の認証を受けている農園です。 ご自身もアトピーやアレルギーに悩まされた経験から、子供が安心して口にできる安全な有機栽培の農産物をつくりたいと、ご夫婦で農業を始めたそうです。
93

【住所】 福岡県八女市馬場600-3 【電話】 080-2727-3170 10〜16時) 【アクセス】 八女インターより10分 【料金】 1~3月 大人(中学生以上)1800円 小人 4歳以上)1400円 4月 大人(中学生以上)1600円 小人 4歳以上)1200円 7. およそ1ヘクタールの敷地内の約6割があまおうで、あまおうの栽培面積は福岡県内トップクラス(つまりは日本トップクラス!)。

観光農園ではなくて、農業体験としてイチゴ狩りをしている。

(旧 志摩町) ・:平成28年1月4日~5月上旬頃まで(不定休) 筑紫野市(ちくしのし) ・:1月~5月、1時間食べ放題、完全予約制。

甘みが強く、別格のおいしさです。

果肉はしっかりとして日持ちがいい。

冬から春にかけての果物狩りの主役はもちろんいちご。

他のナビに入力すると、1km程離れた場所を案内します。

店名の由来にもなった浮羽町山の堂は浮羽町果樹発祥の地としても知られています。

高設栽培 2009年から全部高設栽培。

品種は、あまおう、かおり野、やよいひめ、紅ほっぺ、さがほのかさちのか、もものかおりの「桃薫」、白イチゴ「白雪姫」 筑前町(ちくぜんまち) ・:1月~6月、1時間食べ放題。

15

中野果実園 果物狩りで有名な久留米市田主丸において、 広大なビニルハウスで、衛生的に食べられるよう工夫・管理されている中野果実園。

さて、直売所に隣接するいちごのビニールハウスへ。

いちごの王様あまおう、西日本の代表格とよのか、そして赤い宝石とうたわれる紅ほっぺです。

いちご狩りをめいいっぱい楽しんだあと、大自然の中での焼き肉だなんて、贅沢ですよね。

ハウス栽培が多く天候不順などの影響を受けにくいのが特徴です。

ホームページのクーポンで入園料100円割引。

87