最上 義光。

最上義光は大宝寺城を改築して改称した鶴ヶ岡城へ隠居すると、嫡男・最上義康との関係が、里見民部、里見権兵衛、原八右衛門の讒言によって次第に険悪となる。

関連タグ 創作 『信長の野望』での最上義光 中期~後期のシナリオで登場する。

慶長十八年(1613年),義光來到駿河城慶祝駿河城擴建完成時開始病發。 その後は内政に励んで領内を大きく発展させた。 另外,義光之侄松根光廣的子孫作為的家老而存續,幕末時代,輔佐藩主的松根圖書便出於此家系。 関連記事 親記事. 弟 父義守との不仲の原因として弟・中野義時の存在がある。 最上義光: 幼名白壽,通稱源五郎、二郎太郎、出羽侍從, 別號羽州之狐、奧羽的驍將、虎將。 北楯利長• 關於溺死此事,有遊舟期間因為酒醉而溺死、被受上杉謙信之命的宇佐美定滿謀殺(『北越軍談』)、被下平吉長謀殺(『穴澤文書』)等諸種說法,但是真相無從得知。 天童頼貞・頼澄(一門、敵対)• 2021-05-29 16:09:04• しかしこの一連の事件は諸説あって真相は不明。 義光の兜は現存するものがモデルになっており、これは信長からの贈り物である。 詳しくは実行委員会までお問合せいただくか、同委員会のホームページでご確認ください。 のち、生母・大崎御前も愛娘を殺された悲しみでこの世を去ってしまう(秀吉に自害を命じられたという説もある。
19 29