早稲田 大学 バレー 部。

「自分はずっと兄を見てバレーボールをやってきた。 また鎮西高校で一緒に活躍した高校NO1リベロの 荒尾怜音選手も一緒に早稲田大学に行っています。 「もともと声を出したり、人に教えたりするのは苦手なんです。 新井はこの大会で初めてアウトサイドヒッターとして起用される見通しで、どれだけ力を発揮することができるのか、期待したい。 全員が1つにならなければ、強いチームは完成しない。
37
バックアタックやサーブもかなり強烈ですね なお、同連盟は20日に男子1部春季リーグ戦の中止を発表しており、強化の観点からオープン戦は継続して実施していく方針という
いつもどおりのプレーをされていたら、こんなに楽に勝つことはできなかったんじゃないかと思います」 兄は技術、弟は高さが持ち味 日本体育大が先にマッチポイントを握るも、筑波大が粘ってデュースに
サーブを打ち、後衛の3ローテはベンチにいるため、その間に相手のブロックがどうついていて、どのスペースが空いているかをコートに戻った時に中村へ伝える 口には出さずとも、全員が感じている焦りをくみ取り、Aチームの選手を集めて鼓舞したのが村山だった
最後のゲーム練習としてチーム内でAB戦を行うも、普段は12~13点で圧勝するAチームがBチームに負けた 4年生が自分たちで課題を発見し、考えて解決する、そのスキームができたことが、このチームの強みだと思う」と、松井監督
アウトサイドは大塚達宣(2年/洛南高卒)、水町泰杜(1年/鎮西高卒)、ミドルは村山豪(4年/駿台学園高卒)、上條レイモンド(3年/習志野高卒)、オポジットは宮浦健人(4年/鎮西高卒)、セッターは中村駿介(4年/大塚高卒)、リベロは荒尾怜音(1年/鎮西高卒)と、スタメンはいずれも世代を代表する選手だが、個々の力だけではない そんな思いで運営しています
8