マリルリ育成。

てだすけ 無 - ダブル用。

いつか来るその日のため、今からマリルを温めておくべし。 コメント 22 いいね! 一般パでもリピボでも。 ただしトップメタのにはキョダイマックスされると貫通されてしまう。 ただ、当時はのラインナップが貧相であった上に、タイプはすべてであったためウエポンは恩恵を受けなかった。 期にはの仕様の都合上、ルリリのとして覚えるすらもそこそこ使用された。 投稿者:salamence• 隠れ特性 夢特性 そうしょく くさタイプのわざを受けると無効化し、攻撃のランクが1段階上がる。 投稿者:ユグドラ• 水タイプの弱点をつける技を覚えられないため、突破する場合「すてみタックル」でゴリ押すしかありません。
45
相性補完が優秀。 水技と合わせて範囲が広い。 滝登りでない理由は確定ラインが下がりタイマンで勝てるポケが少なくなる点。 また、第六世代に発祥した「サザンガルドマリルリ」は、初手ダイマックス型のマリルリのダイフェアリーで展開したによってサザンドラの弱点を補えるというメリットを新たにこの世代で手にした。 「はらだいこ」による崩し性能• はらだいことアクアジェットは第五世代までは同時遺伝ができなかったので完全な候補外の技だったが、第六世代に入りタマゴの仕様が変更され同時遺伝が可能となった。 第五世代 のを獲得するが、やはりちからもちマリルリが主流であった。 詳しいことは下記の参考文献をご覧ください。 5倍にする道具「とつげきチョッキ」を持たせて、1v1性能を上げた型。
61
たきのぼりより威力が少し高くアクアテールより少し低い また、マリルリの攻撃技はほぼ接触技であるため、ゴツゴツメットなどでスリップダメージを稼ぎつつ立ち回るのも有効
コメント 21 みんなの評価 :. コメント 14 いいね! コメント 4 みんなの評価 :• 水技に耐性を持つ相手や物理耐久が高い相手は一撃で倒せません HPはHP最大の状態ではらだいこを使用した際に必ずオボンのみが発動するように2n(偶数)調整する
また、殴り合う相手や受け先が物理が多いので、AB振りも少々 ただ、とびはねる型の対策を研究された結果、シーズン8終盤には素とびはねるに対してポケモンでを合わせる型も開発された
ミストバーストは撤退目的で使うなら価値がある パーティ構成・環境による使い分けをしたい もう一つの技を 「ハイドロポンプ」か「じゃれつく」にするかはバトル環境(流行りのポケモン)やパーティ構成によって変えていきたいところです
決定力の降臨を牽制することができ止まる相手にもある程度抵抗できるため しかし交代際に「みがわり」を使えば、ボーマンダを確認した時は「れいとうパンチ」を撃つことができます
草弱点が一貫するパーティで採用されている場合はそうしょく型の可能性がある いじっぱり攻撃特化・HP全振りがベースです
57