惰性 意味。

・つい惰性でやってしまった 本当に彼女のことを愛していれば、彼女の悩みを一刻も早く解決したいと思って真剣に話を聞いてくれるはず
「惰性」はものごとに対し自分から意思を持って取り組むのではなく「癖や習慣、勢いだけで進むこと」を指しています 「習慣」の例文 「早いうちから勉強する習慣をつけさせるべきだ」 「結婚してからもテレビをつけっぱなしで寝る習慣が消えなかった」 「昔からの習慣というだけで、深い意味を考えたことがないです」 「惰性」の類語 慣例 「慣例」は、 「かんれい」と読みます
使い方 『惰性』は名詞ですので、『惰性で』という形で使われることが最も多いです 「惰性」は、「惰」と「性」という二つの漢字から成り立っていますね
しかし、本来の意味は 「習慣的に続けていく」という意味だったり、 「癖のように続ける」という意味もあります しかし、 悩みを相談した途端に彼氏が明らかに面倒くさそうにしていたり、不機嫌な態度をとる場合は、あなたと惰性で付き合う彼氏である可能性が高いかもしれません
つまり「惰」という漢字と「性」という漢字を二つ組み合わせると 「生まれつきの怠けた癖や習慣」というニュアンスになる事が分かりますね 慣性は、物体に外部から作用する力がない限り、同じ運動状態を保ち続ける性質を指す言葉です
「特別」の例文 「当選者には特別な観覧席が用意されていた」 「進学者向けの特別カリキュラムがある」 「あなただけを特別扱いするわけにもいかないので」 異例 「異例」の意味は、 「普通の例とはちがうこと・前例がないこと」です 「out of habit」は、惰性のほかに癖や習慣も表します
簡単にいうと、 「繰り返し行われることで、習慣のようになっている事」というニュアンスです 反対に「よし、やろう」という強い意志を持って行う時に使われる表現です
57