川越 観光。

このあたりは昭和初期には70軒余りの菓子屋が軒を連ねていたが現在では20軒ほどが営業している。

江戸時代、徳川家康により江戸北部の防衛線の役目を果たすこととなった川越には、松平信綱などの有力な大名が配置され、川越藩の城下町として、また商人の町として発展していきます 川越まつり会館は、川越市内最大のイベント「川越まつり」が疑似体験できる施設です
現在の鐘楼は、明治26年(1893年)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの 22:30) ・定休日:火曜日 ・電話番号:049-277-3747 ・公式サイトURL: 本川越駅周辺で立ち寄りたいスポット ・ランプを専門に扱っている平成14年創業の「」は、ランプが好きなご主人が奥様とともにはじめたお店です
時の鐘にも上れるわけではない また、熊野神社の神様にお仕えする八咫烏(やたがらす)をモチーフとした、日本サッカー協会公認の御守である「勝守」を授与しています
13:50 を参拝 ) (川越駅の場合は西口2番のりば
3層構造で、高さ約16メートル もの作り体験も! 商人だけではなく、職人も多く住んでいた川越の街は、ものづくりも盛ん
今回いただいたのは、川越名物のさつまいもが生地に練り込まれた「さつまいものパンケーキ」(750円) 3.その他、購入、散策、写真撮影、、等
普通の人間は予想以上に食べ歩きができない 確かに食べ歩き観光は楽しいですし魅力的なテーマです ・ (写真2枚目)小江戸オハナのすぐ隣にある観光案内所には、川越観光のパンフレットやおすすめ店舗のフライヤーが置いてあります
[10月〜3月] 9:30〜17:30 入館は17時まで また、オーナーおすすめの通な食べ方は、貴婦人の卵サンド(850円)を食べてマスタードのピリッとしたアクセントを味わったあとに、親子丼を食べるのがいいのだとか
96 94