高揚 四 字 熟語。

私たちがこの試合に 士気高揚して望めたのは、過去に紆余曲折があり、お互い揉めに揉めた上で結束力をその都度高めていたからである。

どこにも書いてない「恋愛の本音の部分」を執筆中。

あらかじめ、高い志や熱意がより伝わりやすいものをピックアップしておくと、いざというときに役立つかもしれません。

第1位:塞翁之馬(さいおうのうま) 「塞翁之馬」の正しい意味から見ていきましょう。

56 不撓不屈 ふとうふくつ どんな困難や苦労をも乗り越える強い意思とくじけないさま。

悩むこと。

目標の四字熟語 41〜50 こちらも参考に! 41 敢作敢当 かんさくかんとう 覚悟を決めて事を断行し、その結果には潔く責任をとること。

類義語:首尾一貫(しゅびいっかん) 目標の四字熟語 21〜30 こちらも参考に! 21 士気高揚 しきこうよう 物事を団結して行う際、全員の熱意や意気込みが高まる事。

98
精励恪勤(せいれいかっきん) 語源・成り立ち 「精励」は仕事に精を出して務めることを意味し、「恪勤」はまじめに仕事に取り組むことを意味します。 使い方 「臥薪嘗胆すること20年、彼はようやく部長になれた。 」 画竜点睛(がりょうてんせい) 語源・成り立ち 中国南北朝時代の梁(りょう)の国の張僧縣(ちょうそうよう)という画家が寺の壁に2頭の竜を描きました。 38 狷介孤高 けんかいここう 自分の意思をかたくなに守り、人と交わらずに超然としている様。 辞書で調べてみると、 意志・方針・考え方などを貫き通すこと。 読み方 士気高揚 しきこうよう 意味 人々のやる気が高くなること。 意味 何かを成し遂げる決意をすること。
30
意味 つらく困難な目にあって苦しむこと 」 「来月から新たな経営改革をします
」 「今回、彼は乾坤一擲の気持ちで試験を受けるようだ 使い方 「彼は磨励自疆の精神で毎朝5時に起きて読書をしているようだ
はじめは気持ちがバラバラだったチームメイト達も、最後には結託をするようになっていた また、わざわざ足を運ぶという行動力が、仕事で活きることもあるでしょう
「一念発起して芸道に励む」 出典:デジタル大辞泉(小学館) 仕事で思い切って大きなかけにでることもあるでしょう 」 戒驕戒躁(かいきょうかいそう) 語源・成り立ち 「戒驕」とは、驕りを戒めることを意味し、「戒躁」は躁(さわ)ぐことを戒めるという意味があります
当サイトでは今回紹介した四字熟語以外にも 座右の銘や偉人たちの名言などをたくさん紹介しています 」 「上司は志操堅固なので、説得して案を変更するのは難しいだろう
まずは気になったものから由来を調べてみるのもいいかもしれませんね 蘇秦は、秦の配下として秦に支配されるよりも、6国が同盟を組んで戦って勝利し、小さな一国の長となる方がいいのではと説いて回りました
39