ツバサ アンダー グラフ 歌詞。

。 所属事務所は株式会社ユーズミュージックで所属レーベルは日本クラウン株式会社。 明 あけ 方過 がたすぎの 国道 こくどうまでの 細 ほそい 抜 ぬけ 道 みち 君 きみが 呟 つぶやく 「 恐 こわいものなど 何 なにも 無 ないよ」と 見送 みおくる 為 ための 言葉 ことばに 涙流 なみだながれた つまらぬ 事 ことで 話 はなしは 絶 たえず 散 ちらかる 部屋 へやで 笑 わらいあえてた 夢追 ゆめおう 事 ことに 恐 おそれは 無 なくて 生 うまれた 街 まちとサヨナラ 決 きめた 「いつか 会 あいに 来 くる」と「いつも 忘 わすれない」と 手 てを 振 ふる 君 きみの 瞳 めも 言 いえずにココロの 中 なかで 誓 ちかう 旅立 たびだつ 空 そらに 出会 であいと 別 わかれ 青春 せいしゅんの 日々 ひび 全 すべてを 描 えがき いつか 互 たがいに 大 おおきな 花 はなを 綺麗 きれいな 花 はなを 咲 さかせまた 共 ともに 笑 わらおう あの 日 ひを 胸 むねに あて 無 なく 続 つづく 道 みちは 眠 ねむれぬ 夜 よると 連 つらなる 叶 かないかけた 夢 ゆめと 紡 つむぎだした 文字 もじの 狭間 はざまで 揺 ゆれるのは 気紛 きまぐれ 日替 ひがわり 時計 とけいの 針 はり 流 ながれる 雲 くもに 明日 あすを 誓 ちかえど 置 おいてかれてる 不安 ふあんはよぎる その 度君 たびきみを 君 きみの 言葉 ことばを 思 おもい 返 かえして 涙集 なみだあつめ 声枯 こえからす 今 いまも 信 しんじているよ いつも 忘 わすれないよ 手 てを 振 ふる 君 きみの 瞳 めを 帰 かえらぬ 儚 はかなき 蒼 あおき 日々 ひびを 旅立 たびたつ 空 そらに 出会 であいと 別 わかれ 青春 せいしゅんの 日々 ひび 全 すべてを 描 えがき いつか 互 たがいに 大 おおきな 花 はなを 綺麗 きれいな 花 はなを 咲 さかすと 決 きめた 変 かわらぬ 空 そらに 君 きみを 映 うつして 上手 うまく 飛 とべたら 高 たかく 飛 とべたら ツバサ 広 ひろげて 秋風越 あきかぜこえて 夢 ゆめを 手 てにして 会 あえたなら 共 ともに 笑 わらおう 明 a け ke 方過 gatasu ぎの gino 国道 kokudou までの madeno 細 hoso い i 抜 nu け ke 道 michi 君 kimi が ga 呟 tsubuya く ku 「 恐 kowa いものなど imononado 何 nani も mo 無 na いよ iyo」 と to 見送 mioku る ru 為 tame の no 言葉 kotoba に ni 涙流 namidanaga れた reta つまらぬ tsumaranu 事 koto で de 話 hanashi は ha 絶 ta えず ezu 散 chi らかる rakaru 部屋 heya で de 笑 wara いあえてた iaeteta 夢追 yumeo う u 事 koto に ni 恐 oso れは reha 無 na くて kute 生 u まれた mareta 街 machi と to サヨナラ sayonara 決 ki めた meta 「 いつか itsuka 会 a いに ini 来 ku る ru」 と to「 いつも itsumo 忘 wasu れない renai」 と to 手 te を wo 振 fu る ru 君 kimi の no 瞳 me も mo 言 i えずに ezuni ココロ kokoro の no 中 naka で de 誓 chika う u 旅立 tabida つ tsu 空 sora に ni 出会 dea いと ito 別 waka れ re 青春 seisyun の no 日々 hibi 全 sube てを tewo 描 ega き ki いつか itsuka 互 taga いに ini 大 oo きな kina 花 hana を wo 綺麗 kirei な na 花 hana を wo 咲 sa かせまた kasemata 共 tomo に ni 笑 wara おう ou あの ano 日 hi を wo 胸 mune に ni あて ate 無 na く ku 続 tsudu く ku 道 michi は ha 眠 nemu れぬ renu 夜 yoru と to 連 tsura なる naru 叶 kana いかけた ikaketa 夢 yume と to 紡 tsumu ぎだした gidashita 文字 moji の no 狭間 hazama で de 揺 yu れるのは rerunoha 気紛 kimagu れ re 日替 higa わり wari 時計 tokei の no 針 hari 流 naga れる reru 雲 kumo に ni 明日 asu を wo 誓 chika えど edo 置 o いてかれてる itekareteru 不安 fuan はよぎる hayogiru その sono 度君 tabikimi を wo 君 kimi の no 言葉 kotoba を wo 思 omo い i 返 kae して shite 涙集 namidaatsu め me 声枯 koeka らす rasu 今 ima も mo 信 shin じているよ jiteiruyo いつも itsumo 忘 wasu れないよ renaiyo 手 te を wo 振 fu る ru 君 kimi の no 瞳 me を wo 帰 kae らぬ ranu 儚 hakana き ki 蒼 ao き ki 日々 hibi を wo 旅立 tabita つ tsu 空 sora に ni 出会 dea いと ito 別 waka れ re 青春 seisyun の no 日々 hibi 全 sube てを tewo 描 ega き ki いつか itsuka 互 taga いに ini 大 oo きな kina 花 hana を wo 綺麗 kirei な na 花 hana を wo 咲 sa かすと kasuto 決 ki めた meta 変 ka わらぬ waranu 空 sora に ni 君 kimi を wo 映 utsu して shite 上手 uma く ku 飛 to べたら betara 高 taka く ku 飛 to べたら betara ツバサ tsubasa 広 hiro げて gete 秋風越 akikazeko えて ete 夢 yume を wo 手 te にして nishite 会 a えたなら etanara 共 tomo に ni 笑 wara おう ou. 旧メンバーは、ギターの阿佐亮介。 2004年9月22日に株式会社フォーライフ・レコードから「ツバサ」をリリースしメジャーデビューを果たした。 でも、故郷の人は刻一刻と確実に時間を進めている。 同公演では代表曲「ツバサ」から、アルバム『やがて咲く花達へ』に収録される新曲まで、まさにアンダーグラフの10年を振り返る、新旧織り交ぜたセットリストが期待される。 アンダーグラフが11月5日にリリースするフルアルバム『やがて咲く花達へ』に収録される、「ツバサ」のリアレンジVer「ツバサ2014 10th anniversary version」のティザー映像が公開された。 2002年にインディーズデビューシングル「hana-bira」をリリースしタワーレコード梅田店で発売週のインディーズチャート1位を獲得した。
7
パラドックス 旅立ちの日 快楽天国 夢を話そう ツバサ2014 10th anniversary version odore! 人は「ツバサ」をもつと自由になれるんですか?. 」のエンディングテーマソング・日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」の1月POWER PLAYやTBS系「噂の! 当日のライブ模様から「ツバサ2014 10th anniversary version」PVも作られるとのこと 人気曲は、「世界で一番素敵な人」や「明日は続くよどこまでも 京阪電車おけいはんのCMイメージソング 」、「Sekai-no-Kibou」など
明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く 「恐いものなど何も無いよ」と見送る為の言葉に涙流れた つまらぬ事で話は絶えず 散らかる部屋で笑いあえてた 夢追う事に恐れは無くて 生まれた街とサヨナラ決めた 「いつか会いに来る」と「いつも忘れない」と 手を振る君の瞳も 言えずにココロの中で誓う 旅立つ空に出会いと別れ 青春の日々全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かせまた共に笑おう あの日を胸に あて無く続く道は眠れぬ夜と連なる 叶いかけた夢と 紡ぎだした文字の 狭間で揺れるのは 気紛れ 日替わり 時計の針 流れる雲に 明日を誓えど 置いてかれてる不安はよぎる その度君を 君の言葉を 思い返して 涙集め声枯らす 今も信じているよ いつも忘れないよ 手を振る君の瞳を 帰らぬ儚き蒼き日々を 旅立つ空に出会いと別れ 青春の日々全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かすと決めた 変わらぬ空に 君を映して 上手く飛べたら 高く飛べたら ツバサ広げて 秋風越えて 夢を手にして 会えたなら共に笑おう 会えたなら共に笑おう. 同年にメジャーデビュー後初のワンマンライブを開催し注目を集めた 私の勝手な解釈ですが、 叶いかけた夢 : (夢を叶えようという状態で) 紡ぎだした文字 : メールや手紙がきた 狭間で揺れるのは : 自分の置かれている状況と故郷の人からの連絡で動揺する理由は 気まぐれ 日替わり 時計の針 :(夢を叶えるために旅立ったが、新しい生活の中での諦めと堕落混じりになっている
どんなに挫折しそうになっても「君」「君の言葉」等を支えに夢を叶える 以降、日本テレビ系「音燃え! 東京マガジン」のエンディングテーマソング・読売テレビ「Cune! 夢が叶ったら「君」と再会して、旅立つ前のように笑いあえるようになりたい
」のエンディングテーマソング、テレビ東京系アニメ「弱虫ペダル」のエンディングテーマソングなど数多くのタイアップソングに抜擢されている そういった焦りの象徴 とイメージしました
歌: 作詞:真戸原直人 作曲:真戸原直人 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く 「恐いものなど何も無いよ」と見送る為の言葉に涙流れた つまらぬ事で話は絶えず 散らかる部屋で笑いあえてた 夢追う事に恐れは無くて 生まれた街とサヨナラ決めた 「いつか会いに来る」と「いつも忘れない」と 手を振る君の瞳も 言えずにココロの中で誓う 旅立つ空に出会いと別れ 青春の日々全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かせまた共に笑おう あの日を胸に あて無く続く道は眠れぬ夜と連なる 叶いかけた夢と 紡ぎだした文字の 狭間で揺れるのは 気紛れ 日替わり 時計の針 流れる雲に 明日を誓えど 置いてかれてる不安はよぎる その度君を 君の言葉を 思い返して 涙集め声枯らす 今も信じているよ いつも忘れないよ 手を振る君の瞳を 帰らぬ儚き蒼き日々を 旅立つ空に出会いと別れ 青春の日々全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かすと決めた 変わらぬ空に 君を映して 上手く飛べたら 高く飛べたら ツバサ広げて 秋風越えて 夢を手にして 会えたなら共に笑おう 会えたなら共に笑おう. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し オトナになればもう少し上手く 蒼く深い海の中泳いでいる 愛よ未来よ夢よハレタ日よ 陽射し浴び目覚めの時 歪んでく時代など作れないと 君にそっと降る雨避けて 愛していれば真面目に生きりゃ 人はどうして悲しかったり 何度馬鹿にされたら気が済む 小さな事でねイライラしてしまう 相殺出来ない進化繰り返す毎日 毎日暮らしてりゃそりゃあるさ あなたに会えた事が嬉しい グルグル廻る欲望がユラユラ 恋せ乙女命燃やせ 思い出の中には風車 眠れないまま夢を重ねて 見たくはない世界の欲望 どこまで続く赤く揺れてる 振り返らず走り続け思い返し 何でどうして自分ばっかりと 寒いのが嫌いなのと君が 考え過ぎる君はいつも簡単に Baby木曜の夜を越えたら 言葉に出来ない感情で胸が 遥か昔から僕ら青い船で旅を 心の瞳で未来を見てみよう 師走越えて日が昇れば 君を悲しませることが 輝いた水面揺らした風途切れなく 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 眠れぬ森ならその中で 凍えた手を温めてくれるような 風薫る若葉便り返り咲く お気に入りのオモチャを 新たな知識を手に入れる度に 公園のベンチに久しぶりに 色褪せた教科書眺めて止まらぬ ドラマティックに涙を誘った 漂う神風水面に触れる きっと何十年も何千年も しゃがれた声に言葉乗せて 気がつけばいつも日本人は かけがえないものは 終わりない世界に揺られて 幸せの色は何だ暮れる街で スローライフ僕らはこのままで 世界で一番素敵な人よ 愛無き膨張自己中な論争 見えない不安に押し潰されそう 1977年生まれの僕らは 笑いながら迷いながら 散々迷ったあげく僕らの未来 手招きすれば時代は巡る 遠くまで故郷離れあなたの元へ 愛しき人よもうサヨナラを 夢を語ったあの日はもっと 何の為に生まれたんだろう 明け方過ぎの国道までの 旅立つ空に出会いと別れ 六十億の命の中選ばれし二人 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 手と手繋ぎ合おう僕らは 夢追い人青春の影初めて見た街 とりあえずそう過ごしている 春はまだか明けはまだか 今日も明後日も境などなく 蝉の声ラジオ体操 そう僕らは何時でも ねえママいつも僕と一緒だけど 生まれた街並み今日も 三千回転アクセル踏み込んで ほら簡単だよ本当は僕らに 与えられた命が少しの風を 君が僕のこと誘ったあの夜は 確かに輝いていたあの日々に 春が来るのは現在を動かす為 途切れた言葉震えるユビサキ ハローハロー聞こえているかい ユレテイルユレテイル 本当の事は何一つわかりは ねぇ明日は何処に向かって もう全体愛して行こう 40を過ぎても僕らは歌って 僕ら人ひとヒト一人じゃ 長い間電話さえもしてはいないが 選ばれしこの命知らぬ間に 君を愛してみよう 最近なんかちょっとね全てが 風の中揺れた景色に僕らは くだらない冗談ばかりだけど 赤く燃えてる月の下 汚れるのかな汚れるのかな 僕に何が足りないか考えている いざという時は全てを この街に出てきた頃からは十年 この広い世界の中で貴方に いつも笑っていよう 悩んでばっかりじゃダメだと思う 本日は晴天なり金色の夜叉も 春が来て夏を待ち明け方の雲を 最低ラインが最初の目標さ 知らない間に僕達は. アンダーグラフは、ボーカル・ギターの真戸原直人・ベースの中原一真・ドラムスの谷口奈穂子からなるスリーピースロックバンドで1999年に結成された と 願うように聞こえます
試聴する KKBOXを起動 ツバサ 作詞:真戸原直人 作曲:真戸原直人 明け方過ぎの国道までの 細い抜け道 君が呟く 「恐いものなど何も無いよ」と 見送る為の言葉に涙流れた つまらぬ事で話は絶えず 散らかる部屋で笑いあえてた 夢追う事に恐れは無くて 生まれた街とサヨナラ決めた 「いつか会いに来る」と 「いつも忘れない」と 手を振る君の瞳も 言えずにココロの中で誓う 旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かせまた共に笑おう あの日を胸に あて無く続く 道は眠れぬ夜と連なる 叶いかけた夢と 紡ぎだした文字の 狭間で揺れるのは 気紛れ 日替わり 時計の針 流れる雲に 明日を誓えど 置いてかれてる不安はよぎる その度君を 君の言葉を 思い返して 涙集め声枯らす 今も信じているよ いつも忘れないよ 手を振る君の瞳を 帰らぬ儚き蒼き日々を 旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かすと決めた 変わらぬ空に 君を映して 上手く飛べたら 高く飛べたら ツバサ広げて 秋風越えて 夢を手にして 会えたなら共に笑おう 会えたなら共に笑おう. アンダーグラフ ツバサ 作詞:真戸原直人 作曲:真戸原直人 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く 「恐いものなど何も無いよ」と見送る為の言葉に涙流れた つまらぬ事で話は絶えず 散らかる部屋で笑いあえてた 夢追う事に恐れは無くて 生まれた街とサヨナラ決めた 「いつか会いに来る」と 「いつも忘れない」と 手を振る君の瞳も 言えずにココロの中で誓う 旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かせまた共に笑おう あの日を胸に あて無く続く道は眠れぬ夜と連なる 更多更詳盡歌詞 在 叶いかけた夢と 紡ぎだした文字の 狭間で揺れるのは 気紛れ 日替わり 時計の針 流れる雲に 明日を誓えど 置いてかれてる不安はよぎる その度君を 君の言葉を 思い返して 涙集め声枯らす 今も信じているよ いつも忘れないよ 手を振る君の瞳を 帰らぬ儚き蒼き日々を 旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かすと決めた 変わらぬ空に 君を映して 上手く飛べたら 高く飛べたら ツバサ広げて 秋風越えて 夢を手にして 会えたなら共に笑おう. こちらもCD、ライブと合わせてチェックしよう 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く 「恐いものなど何も無いよ」と見送る為の言葉に涙流れた つまらぬ事で話は絶えず 散らかる部屋で笑いあえてた 夢追う事に恐れは無くて 生まれた街とサヨナラ決めた 「いつか会いに来る」と 「いつも忘れない」と 手を振る君の瞳も 言えずにココロの中で誓う 旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かせまた共に笑おう あの日を胸に あて無く続く道は眠れぬ夜と連なる 叶いかけた夢と 紡ぎだした文字の 狭間で揺れるのは 気紛れ 日替わり 時計の針 流れる雲に 明日を誓えど 置いてかれてる不安はよぎる その度君を 君の言葉を 思い返して 涙集め声枯らす 今も信じているよ いつも忘れないよ 手を振る君の瞳を 帰らぬ儚き蒼き日々を 旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かすと決めた 変わらぬ空に 君を映して 上手く飛べたら 高く飛べたら ツバサ広げて 秋風越えて 夢を手にして 会えたなら共に笑おう. 今回公開された「ツバサ2014 10th anniversary version」のティザー映像には、デビュー当時のライブ映像が盛込まれている
また、2004年9月22日にシングル「ツバサ」でデビューしたアンダーグラフだが、まさに10周年となる2014年9月22日(月)、「アンダーグラフ デビュー10周年感謝祭~僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする2014~」と題したワンマンライブを渋谷公会堂にて開催する
22