筋肉 痛 回復。

また、成長ホルモンの分泌量が少ない女性は、男性に比べて超回復にかかる時間が長くなるとも考えられているので、超回復にかかる時間は個人差もかなり大きいことを理解しておきましょう。

便宜上、超回復の早い筋肉グループとします。

このトレーニングを繰り返すと、筋肉痛になります。

この炎症の度合いは、体調や食生活、トレーニングのフォーム、筋肉の可動量、負荷のバランスなど、様々な要因によって左右されるため、筋肉痛のあるなしとトレーニングの効果に直接的な関係は認められていません。

筋肉痛が2日後や3日後など日をおいて出てくるのは、年齢を重ねて筋力が落ちてくると、無意識にケガの危険性もある筋肉を酷使するような激しい運動を避けるため、筋肉痛がすぐに起こりにくいと言われています。

アスリートが良い例です。

また、ストレッチをすることで、筋肉の回復を早めることも可能。

57