ドワーフ ザリガニ。

一番共食いをするのはメキシカンオレンジでしょう。 小さい稚ザリは、最初は透明が多いです。 リーストクレイフィッシュは、最大でも2cmと記載もあり、過去にでも販売されていました。 また、照明は鑑賞する時のみ点灯しています。 あとは常に落ち葉を食べれる状態にしている。 そこまで低水温に強くないのでできればヒーターがあると安心ですよ。 また、卵を抱いている期間、メスはあまりエサを食べないので、エサの量もぐっと減らします。 「オオカミ男だぞー」ってことか ゚o゚;; ザリに迫る謎の影・・・そして・・・ エビを見つけたザリの下に何やら怪しい影が・・・ そんなザリのそばをミナミヌマエビが横切りました。
65

ザリガニの数が多いので、ある程度育ったら飼育するザリガニ以外は誰かにあげるか親ザリガニがいたところに放流してあげましょう。

ザリガニはエラ呼吸のため、魚と同様酸素がなければ 窒息してしまいます。

詳細は以前記事で書きました。

相性の良いザリガニが見つかるといいですね。