早々 に 意味。

早速の類語 早速の類語・類義語としては、すぐその時を意味する「即刻」、ごくわずかな時間を意味する「咄嗟」、すぐその場を意味する「即座」、ただちにを意味する「直様」(読み方:じきさま)などがあります。
着任とは 「着任」とは、「新しい任地に到着すること」という意味の言葉です ビジネスシーンでは、相手に何かを依頼する時や異論を唱える時に、間に挟む言葉がよく使われます
読みも字も似ていることから、代用として「早々」を使うのが可能ではあります 七月は文月と呼ばれ、 7月の旧称が「 文月」(ふみづき)であることから、特に 7月の 23日は「 文月 ふみの日」となっています
彼女は、クレームに対して迅速に対応することができる• 例えば物販の取引で、入金後すぐに発送してくれたことに対しては「早速のご対応」ですが、早いけれども入金後すぐではない場合には「迅速なご対応」が適しています そんな貴重な時間を無駄にしないために本題に移ります、というように相手のことを思う気持ちも込めて使いましょう
使い方としては、「早急に対応をお願いします」「早急に連絡します」となります また、相手のことを表す時も自分のことを表す時も使用できます
すみやかに• いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう 早速ですが、今後のスケジュールについてご案内いたします
「早々」の例文• 「物事の進行がきわめて速いさま 例文1:早々に対応する 「早々に」という言葉でもっとも使用頻度の高いフレーズが、「早々に対応します」です
わたしは早々と席をたった 「新任の教師」「新任所長が到着した」のように使われます
目上の人に対しては、「突然お願いしたにも関わらず、早々にご対応くださいましてありがとうございます」などと使うことができます 急ぎの程度としては、至急とほぼ同じくらいと考えて良いでしょう
63
「迅速」は「早速」と同様に、相手の対応や行動が素早いときに使います。 本来は「草々」が正しい言葉であり、「早々」は誤用ですが、読みが同じで文字の形も似ていることから、間違って「早々」を使う人が増えているようです。 「拝啓ー敬具」「前略ー草々」のように、頭語と対で使用しますが、この「前略ー草々」の代わりに「前略ー早々」が使われることがあります。 新年早々、ありがとうございました。 「出社したら早々に書類を提出してください」• 通常、ひとつの言葉に2つ以上の読み方があっても意味は同じであることがほとんどですが「早々」については読み方によって意味が異なります。 「草々」と字面が似ていることから、代用されるようになったもの、と考えられています。