アシックス 隈 研吾。

同系色を扱いながら、シューズの各部で微妙な色の差異をつけることで、木や砂で形作られるアフリカの自然の風景に近づけました。 新色のサンドベージュは、隈が人生で最も影響を受けたアフリカのサハラ砂漠をイメージ。 アッパーは、靴ひもの締め具合をワンタッチで調節できるシューレースストッパーを新たに採用しています。 着地時のやわらかな感覚とともに、足が楽でスムーズに回転するような、快適な足運びが体感できます。 かかと部には、優しい風合いと色味をもった和紙糸で織り込んだヒールテープを採用し、アクセントを付けています。 サイズは23. アッパーは、日本の伝統的な竹細工技法「やたら編み」にインスパイアされたデザインで、テープ状の素材が複雑に交差しているのが特徴だ。 色々な場所から声がかかり、その場所に出向いて敷地を見たり、その土地の人たちとディスカッションを重ねて建築を作るという僕にとっての日常が今はとても遠くに感じる。 木材由来の繊維を使用した 無着色の FLYTEFOAM 前モデル同様〈FLYTEFOAM〉部分は着色せず、素材本来の色を採用。 クッション性と耐久性という相反する機能を両立させ、安定感のあるスムーズな足運びを可能にする。 「サハラ砂漠は木と砂が風景を形作る。

特に、スポーティなアッパーやシューズを覆うテープの囲い、ヒールテープは、同じベージュでもコントラストが出るよう、メリハリをつけているのが印象的。

同系色を扱いながら、シューズの各部で微妙な色の差異をつけることで、木や砂で形作られるアフリカの自然の風景に近づけました。

0cm 素 材 アッパー:合成繊維、人工皮革 アウターソール:合成底 生産国 ベトナム 〇特設サイト. まず目をひくのは、アッパーを包み込むように配置されている複数の ライン材でしょう。

「METARIDE」の機能をもとに、隈さんから提案された竹の編み技法「やたら編み」をモチーフにして生まれた「METARIDE AMU」とはどのようなシューズなのか。

これは木材由来の繊維素材ですが、そうした素材が優れたクッション性と耐久性という相反する機能を両立させるというアプローチが実にいいですね。

「エネルギー消費を抑え、より長く走る」というアシックス独自の発想から生まれ、2019年にリリースした「METARIDE」をベースに開発された。

今回は初のコラボレーションモデルとして、建築家の隈研吾氏と協同開発を行っています。

1996年11月16日生まれ。

」とのコメントを寄せている。

都市を抜け出すことは、いまも僕にとって創造における最大の原動力。

32 59