おかちめんこ チャレンジ。

裏面は紙の素地か、単色で印刷されていることが多い。 天保年間には穴一遊びの遊具として泥面を用いることが広まっていた。 (2001年11月22日発売、) - 系列の番組『』とのタイアップ商品。 そのためには、めんこを打つポジションと打ち方に特徴があります。 所有権の移転がなされる場合の代表例を以下に列挙する。 では「パッチン」(昭和30年代:現在の呼称は未確認)• では「カッタ」(「(Carta)」からか)• (2015年1月15日発売、FOREST Hunting One) - 『』のキャラクター商品。 めんこは、日本の昭和30年代においては、めんち、ぱんす、ぱっちんとも呼ばれていた。
29
めんこを打ったときの左足が風圧の壁となり裏返しにしやすくするためです では「パッチー」 脚注 [ ] []• 表面には、その時代の人気のあるものが図柄として用いられる
めんこには素材により、泥めんこ、鉛めんこ、紙めんこがある - 本遊戯を題材にしたアニメ作品
自社ゲームのキャラクターを多く起用している では「パッチ」• では「パッチン」(で行われる祭りである(ふないぱっちん)は、がこのパッチンの図柄に似ているため名づけられた
相手のめんこを裏返しにして自分のめんこを裏返しにさせないようにすることが勝つためのポイントです しかし、大正期に小学時代を送ったの回想などに鉛めんこの記述がみられ実際に下火になった時期については異なる考察もみられる
材質の安価さはめんこの爆発的普及とめんこ産業への新規参入ブームを巻き起こした 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、56頁
この他にも他のカードゲームと類似した遊び方である「積み」や「抜き」、「落とし」、また物理的な遊び方として「壁当て」「滑り」などがある。 裏面には、、のカード、武器などが描かれており、工夫によってその図柄を用いて遊ぶこともできるようになっている。 では「 パッタ」()、「パッツ」()、「パンチョ」• 子どもたちは画用紙を幾重にも折って紙めんこを作っていたが、その商品化を考えていた大人たちに画期的だったのがの登場であった。 に濡れると柔らかくなるので、を塗りつけるという「強度保持」をする一方、裏返りにくくするためぐにゃぐにゃにするなど、めんこの性能を変化させたりする。 また、その遊びそのものをも指す。 泥面を用いた穴一遊びは明治中期に至るまで子供たちの間で根強く行われたが、明治時代には遊戯の名称が「めんこ」と呼ばれるようになった。 めんこは技術だけでなく、頭も使うゲームであることが分かります。 つまり、狙うめんこにも裏返しにしやすいめんこと裏返しにしにくいめんこがありますので、慎重にめんこを選ぶことも裏返しにするコツの一つです。 明治期の鉛めんこ [ ] 明治10年代になると鉛めんこが急速に普及した。