ナベプロ セクハラ。

大澤氏は初めこそ『いいよ』と受ける意向を示すけど、状況が変わると『それ、もういいでしょ』とばっさり断ることもしばしばです」(出版関係者) 裏の顔は、所属タレントのスキャンダル対応だ。

その人物は、大澤氏に長文の謝罪LINEを送ったのですが、大澤氏はそのやりとりの画面をスクリーンショットして、他社の担当記者に送りつけ、笑い者にしていたんです。

- アーティストのグッズが購入できるオンラインショップ• イメージ画像:「Getty Images」 大手芸能事務所ワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)の常務取締役だった大澤剛氏が退社したという。

この理由は初期投資のプロモーション費用の回収や、駆け出しの売れないタレントへも月給を回さなければならないという事情もあったが、以上の理由で独立をもくろんだり実行に移すスターも多く、徹底してその妨害工作を図った。

剛腕広報で知られる大澤氏にあらがうことはできず、この元メンバーは性的関係を持つようになったという。

24
パワハラ疑惑も浮上している大澤剛氏の設立した子会社の名前が「イエスマン」とは・・・。 えとう窓口• 文春の直撃取材に対して大澤氏は 『彼から誘ってきた』とA氏との関係自体については認めるような発言もしています。 。 行く末を注意深く見守りたい。 事実上提供スポンサーであるの広報番組としての役割も担っている。 からに掛けて渡辺プロが放送タレント業界の最大手であった。 また番組初回から2019年1月まではエンディングテーマに同社所属の女性ボーカルグループ・のシングル曲が使用されていた。 MC - ハライチ、(ABEMAアナウンサー)• (1975年〜1976年、NETテレビ系) 前期は『ビッグワイド』同様の公開バラエティ番組だったが、後期はスタジオ収録、それもスタジオ内の光景を見せる形式に変更された。 ナベプロは11日、「文春オンライン」の報道について、調査委員会を設置して調査中だと発表した。
53