ローカル 路線 バス 乗り継ぎ の 旅 z 第 13 弾。

仮に、このバスを利用でき、ロケ日が金曜日ならば、以下のように乗り継いで、ゴール可能です。

田中の食事や温泉への勧誘を却下するなどして、(田中に対する)ストッパーの役割を果たしている。

では、上田駅の案内所で提示された、戸倉から松代を経て長野、白馬に至るルートを採った場合、どのような乗り継ぎになったでしょうか。

つまり、前半の北関東エリアでもたついたらゴールは不可能になっていたわけで、「平易」とまではいえなさそうです。

広告 高崎の選択 2日目のポイントは高崎での選択でした。

魚津駅では時間がなく、バスに飛び乗ってしまったのはやむを得ないように感じられますが、結果論でいえば、ちょっと残念なシーンでした。

「移動は原則として路線バスのみを使用。

今回のマドンナは東ちづるです。

以下のようになります。

そのなかで、今回はわりと「正解」が明瞭だった印象を受けます。

18

に到着後、「大通りから出ている」という行きのバス乗り場を探すのに手間取り、1時間かかってようやく見つけた。

そう思ったわけです。

徒歩でゴールに到達できる距離でも、最後は必ずバスでゴールに向かわなければならない。

したがって、やむを得なかった面はあるでしょう。

この項では、に公開された『 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』 についても記述する。

2017年3月18日に新シリーズのタイトル『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』と、2代目の旅人として前述の特別編で旅人を務めたとの起用が、また前シリーズで旅人を務めた太川陽介のナレーションでの参加が発表され 、同月25日にZ第1弾が放送された。

3人の中で歩くのが最も苦手で、早朝出発や夜遅くまでの行動も好まず、乗り継ぎルートの調査よりも食事や宿探しを優先させようとする。

以後、マドンナと呼ばれる女性ゲストは中島史恵さん。

こうした乗り継ぎを見てみると、結果論ですが、3日目は平湯温泉泊ではなく、高山までバスで出てみてから、その後を検討したほうがよかったかもしれません。

同道路は中部縦貫道の一部とされますが、番組では特に触れられませんでした。

7

, バスチームのメンバーは、太川陽介、土屋アンナ、内山信二の3人。

ここで、松本市から富山市を通る「松本ルート」と、長野市から白馬を経て糸魚川市を通る「白馬ルート」の、どちらを採るかで迷います。

一日目 【前】 - () - 【】 - (京都市営バス) - 【】【】 - () - 【】(タクシーでを観光) - () - 【】 - (京阪宇治バス) - 【】 - (京阪バス31号系統) - 【】 - (京阪バス) - 【】 - (京阪バス) - 【JR】 - () - 【】 - (阪急バス) - 【】 - (阪急バス) - 【】 - (西宮神戸線) - 【】 二日目 【三ノ宮駅】 - () - 【社】(を観光) - (神姫バス) - 【大手門前】 - (姫路城を見学、徒歩) - 【】 - (神姫バス39系統) - 【】 - (神姫バス) - 【】 - (神姫バス) - 【】 - (スプリング8大型放射光施設を見学) - 【スプリング8】 - (神姫バス) - 【テクノ中央】 - (神姫バス) - 【】 三日目 【上郡】 - () - 【】 - (ウエスト神姫バス) - 【居村】 - (徒歩) - 【槙】 - (タクシー) - 【福浦峠】 - () - 【】【片上】 - () - 【】 - () - 【】【倉敷駅北口】 - () - 【】 - () - 【】 - () - 【井原バスセンター】 - () - 【】 四日目 【福山駅】 - (尾道線) - 【】 - (市内本線西行き) - 【登山口】 - (トモテツバス三原福地線) - 【】 - () - 【】 - (芸陽バス) - 【栄町】 - (芸陽バス) - 【】 - (阿品台線) - 【阿品台西】 - (広島電鉄バス) - 【】 - () - 【】(【宮島口桟橋】 - () - 【】)• マドンナは井上和香さん。

とまでは言いませんが、4日で到着は可能であることは確かなようです。

実際のルートと異なる場合があります。

冬季に糸魚川駅と白馬スキーエリアを結ぶバスですが、予約制のため、「ローカル路線バスの旅」ではルール上利用できません。

59:45. 太川陽介と蛭子能収が、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を卒業したことを受けて、田中要次と羽田圭介が新たなコンビとなって旅をする番組です。

52