モサプリド クエン 酸 塩 錠 5mg。

嚥下障害を改善するとき、ガスモチン(一般名:モザプリド)を用いることがあります。

・上部消化管、下部消化管共に効果があるので、胃食道逆流症や慢性の便秘の症例に好んで使っている。

そのアセチルコリンの作用により、胃腸の運動が活発になります。

注意 【診察で】• よく処方される胃腸薬です。

同様に「吐き気」がするという患者にも、食前に処方しています。

ちなみに、ストレスによって下痢や便秘を繰り返す病気として過敏性腸症候群が知られています。

剤形が他の薬剤と区別しやすく、自己調節の指示をしやすい。

記載されている副作用が必ず発生するものではありません。

67
腹痛、軟便、下痢、口の渇き•。 人により副作用の発生傾向は異なります。 1.慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ、悪心・嘔吐):モサプリドクエン酸塩として1日15mgを3回に分けて食前又は食後に経口投与する• こうした薬はアセチルコリンの働きを阻害するため、結果としてガスモチン(一般名:モザプリド)の作用が減弱してしまいます。 胃痛に対しては、胃に麻酔をかけて痛みを感じにくくさせるストロカイン(一般名:オキセサゼイン)を使用することがあります。 このため、販売中止となった同系のシサプリド(アセナリン)に変わり広く処方されるようになりました。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。
89
(50歳代診療所勤務医、一般内科)• 一定期間 通常2週間 服用後、医師が胃腸症状の改善について評価し、継続の必要性について検討します 2.授乳中の女性に投与することを避け、やむを得ず投与する場合は、授乳を中止させる[動物実験(ラット)で乳汁への移行が報告されている]
吐き気や食欲不振、胸やけなどに用います 効能 【効能A】 慢性胃炎に伴う消化器症状 胸やけ、悪心・嘔吐 【効能B】 経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助 用法 【効能A】 通常、成人は、モサプリドクエン酸塩として1日15mgを3回に分けて食前または食後に経口服用する
(30代病院勤務医、総合診療科)• <用法・用量に関連する使用上の注意> 経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助の場合:経口腸管洗浄剤の「用法・用量」及び「用法・用量に関連する使用上の注意」を必ず確認する また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません
(50歳代病院勤務医、精神科) 消化管運動調整薬 この薬をファーストチョイスする理由(2018年11月更新)• このように5-HT 4受容体の刺激作用によってアセチルコリンの作用を強め、消化管運動を活発にする薬がガスモチン(一般名:モザプリド)です ガスモチンは副作用が少ない薬でもあります
(60代開業医、一般内科)• ・副作用が少なく、感染性胃腸炎後の症例や、GERD、FDまで幅広く効果が認められる 機能性ディスペプシアの治療薬としてアコファイド(一般名:アコチアミド)があり、ガスモチンとは異なる作用によって効果を示します
9