ヘミング ウェイ 老人 と 海。

また、サンチャゴのように老人と呼ばれる世代の方が読むことで、どんな気持ちになるのかも気になりますね。

「でも、親方には見えないものを僕が見つけられるからね、鳥が獲物を探してるところとか。

大きくて愚かなアカウミガメには、軽蔑混じりの親しみを抱いていた。

彼は失意のなかにいます。

そうだろう?」 「俺は自分で考えるほど強くないかもしれない」老人は言った。

トビウオが逃げ切る見込みはほとんど無いな。

ロープは老人の指の間を軽く滑り、親指にも人差し指にもほとんど力はかからなかったが、彼はまだ大きな重みを感じていた。

カリブ海に浮かぶキューバ観光の目玉として、今でもヘミングウェイのゆかりの地を巡る熱心なファンは後を絶ちません。

「二匹だよ」少年は言った。

63