韓 流 スベクヒャン あらすじ。

712• プヨンの仕業ではないと信じたいソルランだが、その願いは儚く消え去った。

そしてその正体を暴くのだが数珠の持ち主がチンムだと知ってしまい。 将徳はソルランの気持ちをミョンノンに伝える。 韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」あらすじ58話~60話の感想&ネタバレ 父のクチョンと再会出来たソルランでしたが数珠を託すと亡くなってしまいました。 チンム公はソルヒと友達だったと言う。 ミョンノンはソルランに駆け寄ると「お前と歩む人生以外、考えられない」と伝えた・・・。
70

チンム公は王様の元に駆けつけるが、素直になれず憎まれ口をたたき、その場を去ろうとする。

important;padding:5px 2px 5px 0;text-decoration:none! そんな中、チンムがソルヒに会いにやって来る。

プヨンは、王様の誕生日に贈るつもりで埋めておいたたけのこ酒を一緒に飲もうと言う。

7 ;background:-webkit-linear-gradient transparent,rgba 0,0,0,. こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

swiper-pagination-progressbar,. ソルランはミョンノンとの未来を絶望し、号泣する。

ホン内官はヨン達率にそっと「黙っていてください。

それを見たチェファは、ようやくクチョンの気持ちを受け入れるのだった。

酒に薬を忍ばせたプヨンは何食わぬ顔で、ソルランに勧める。