コロナ ウイルス 生物 兵器 中国。

これは「スーパー病原体」としてのコロナウイルス株であり、つまり、これらのコロナウイルスには、自然免疫の経路に耐性がない。 コロナウイルスの遺伝子研究を行ったどこかの機関が、コロナウイルスの遺伝子の中にHIVウイルスのDNAが検出されたらしい。 その後の世界での流行状況 主に中国の思惑で運営されているWHO(世界保健機構:人間の健康を守る国際連合の機関の1つ)は、中国からの圧力で、当初この新型ウイルスの重大性を世界に知らせることなく、「心配は要らない」と言いました。 「これは新しいウイルスで、実験室で作られたものなのか、食べてはいけない動物を食べたことが引き金になったのか、誰にもわからない。 武漢市南部にある)は4時間かけて調査したと言いますが、後に述べるように、ここからウイルスが漏れた可能性はほぼ無いので、無駄な4時間だったと言えるでしょう。 中共軍が同ウイルスを使って中国国内の住民に対して小規模な人体実験を行ったところ、ウイルスの拡散を効果的にコントロールできず、パンデミックを引き起こしてしまった。 しかし、欧米の主要なメディアがその可能性を被害妄想としてはねのけようと躍起になっていたことは間違いない。 ウイルス拡散が止まらない新型コロナウイルスですが、各国は急ピッチでワクチン開発を進めています。 新型コロナは、簡単に言えば新型の「肺炎」です。 画像は「getty images」より 「敵対勢力が、民族によって特定の病原体に対する遺伝的感受性が本質的に異なることを把握すれば、その知識を実践し、特定の感受性を持つ人種を標的とした遺伝子兵器を作ることができる」 「異なる集団や種の間の遺伝子の違いや病原体への感受性に関する研究により、人種間の遺伝子の違いに基づいた人種的生物兵器が作られる可能性がある」 「異質な遺伝子やウイルスを遺伝子治療用のベクターを使って無症状のまま対象者に導入することで、生物兵器攻撃を秘密裏に行うことができる」 「研究室での偶発的なミスは、人類を大きな危険にさらす。
86

世界では、コウモリのコロナウイルスは人間にうつらないことから、ウイルスを扱う研究所から漏れたのではないか、と思っているようです。

おそらく上の、 > 経験のない研究員たちを積極的に採用 あたりがキッカケではなかったかと。

中国政権が地球上の支配者として米国に取って代わるための戦略として、中国共産党がこうした兵器の開発に取り組んできたことは明らかだ。

ウイルス研究所は、その性格上厳格な安全体制の元に運営されなければなりません。

今回のコロナウイルスは中国が世界を征するための生物兵器として開発し、それによって中国を邪魔しようとするトランプ政権を押しつぶし、西洋との戦いに勝利したのだと、陳平氏ははっきりと述べているわけだ。

新型ウイルスは武漢のバイオ研究所から広がった可能性が高まる 昨日から今日にかけて、アメリカのメディアではさまざまな報道が出されていまして、今まで私たちが知らなかった「生物兵器をめぐる地下活動」があからさまになってきています。

61