栃木 県 聖火 ランナー。

U字工事が那須町を走ることで、那須は「魅力度最下位の栃木県」のうちのひとつであると、ぜひ全国にPRしてほしいですね。 そのうち栃木県選出の推薦ランナー53人の走行市町が、3月9日、東京五輪聖火リレー県実行委員会より発表されました。 100歳を過ぎてもなお「倒れるまでハサミを持つ」と語り、筋肉運動を欠かさず、聖火リレーのランナーを務めた。 その後、体を動かすことが大好きな五輪子さんは、体育教師になり、今は県内の中学校で非常勤講師をしています。 大学卒業後から現在まで北海道のホクレン女子陸上競技部に所属。 この東京大会が終わっても聖火を心の中でともし続けていきたいです」と話していました。 気になるところですね。 令和2年3月30日に走る予定。 「涼風花」としての活動と共に常日頃から地域発展、日光を始めとする本県観光PRなどに努める。
12