おおよそ 意味。

ビジネスなど実務的な文書が多く使われる場面では、およそと比べ硬い意味を持つ、一目で分かりやすい、文字数が少なくなるという点から約が多く使用されています。
「大まかに」という意味• あらかた• 「おおよそ」の意味とは? 「おおよそ」の意味は「だいたいの量」 「おおよそ」は、話の中で物事の量や大きさなどを表現する時に用いる言葉で、「はっきりとはしないが確かであろう」「だいたいこのくらいである」という意味です。 だいたい。 また、ある商品の重さの平均値を算出したところ、真の値が「1,327. どれも「おおまかなあらまし」という意味があります。 「およそ」は、「おおよそ」からの音変化によるもの。 ほとんど~だ。 つまり、「大旨」は文章や論説に関して用いる用語であるのに対し、「概ね」は幅広くさまざまな物に使用することができるという違いがあるのです。 一番多く使われる意味としては「物語の大体の概要、話の概要」になります。 例えば相手の到着時間を聞きたいという場合には 「おおよその到着時間を伺ってもよろしいでしょうか。 社会人として、「概ね」の読み方を間違えたら恥ずかしいですよね! ちなみに「概ね」は「大旨」と書くこともあるようです。
11
おおよそ• 概ねの範囲はどれくらいですか? 「大体」は「物事の大まかな量」を表現する言葉。 ~ぐらい。 「およそ」は「おおよそ」が音変化したものとなります。 「おおよそ」はビジネス上、目上の方に対しても使うことができる。 使い方としては「〜はおおよそ理解できている。

まずもって。

「おおよその目安」「おおよその金額」と使う 「おおよその目安」「おおよその金額」など、その数値や大きさがはっきりとしないがだいたいそのくらいであるという場合に「おおよそ」を用います。

凡は「ボン」や「ハン」と読み、「すべて」や「ふつうの」という意味の他に、「およそ」という意味も持っています。

いちおう。

作業は概ね完了していますので、予定通り納品いたします。

何かを算出するのなら、「概算」ではなく正確に計算すべきではないのか?と考える方もいらっしゃるかもしれません。