進撃 の 巨人 ネタバレ 134。

しかし超大型巨人の群れからは逃げきれずみな踏みつぶされていきました クソ…もう殆どエンジンが動いてない!!始祖の真上まで舵を取る!!だから確実に始祖の巨人の元へ降りろ!! ここまで飛んでくるのに力を振り絞ってしまい、アルミンたちは上空から飛び降りる選択肢しか残っていない
なんと獣の巨人です! 諫山創「進撃の巨人」134話より引用 すると獣は、握った石礫を飛行船に投げつけ、すべての飛行艇を撃ち落としてしまったのです important;background-image:none! 最初からエレン巨人は耳が尖ってるから考え過ぎな気もするけど — もつれら mtmtsf 歴代の九つの巨人たちが登場して、かなり絶望感があります・・・ それだけでなく、ハンジ不在も非常に大きく胸が痛くなりました
この後タイバー家のように 報復から パラディ島を守れというのかと問いかけたアルミン だが、始祖の巨人が攻撃の動きを見せたことで、予定高度よりも早く投下を決行! だが、急ぎすぎた投下は、始祖の巨人を倒すほどの威力はなかった
アルミンはその話を聞いて酷く落ち込みます 始祖の巨人の背骨に落下する獣の巨人と鎧の巨人
取り戻すよ」と返しました ここでアルミンは座標へ
ジャンとコニーの所でも同様に風に乗ってサシャが現れ、笑顔を向けています エレンに消された記憶を思い出したアルミンに、ミカサが歩み寄ってきます
捕らえられたアルミンはエレン巨人の尾骨の方にいるはずです 「…もしも再び…未来を見ることが叶うなら…二度と同じ過ちは犯さないと…私は誓う」 再び明日が来るのならと語るその放送を聞いていたカリナは、幼き日のライナーの姿を思い出し涙を流しました
生命の目的とは増えること ここまでは考えが至らなかったですね
リヴァイの元に現れたのは、エルヴィンやハンジなど死んでいった仲間たち ミカサや他のみんなと一緒にいたいと打ち明けました
そして、ミカサは巨人の力をこの世から消し去ることを望みました 燃料が足りないと言いながらも、オニャンコポンの優れた操縦によりなんとか現場まで到着
76

これまでの罪を背負い、彼らは地鳴らしを止めることにすべてを懸け、エレンの元に向かいます。

ここでエレンの背骨から突然の光が!! 指揮官は地鳴らしへの爆撃を命令、ドラム缶のような爆弾が一斉に地鳴らしたちに降り注ぎますが、大きなダメージを負わせることはなく地鳴らしが止まることはありません。

しかし飛行船の高度が高すぎたためか、巨人たちを殲滅できない。

そして彼女をその苦悩から解き放ったのがミカサでした。

彼らが戦鎚の巨人を拘束することによって、ピークを巨人から助けようとするでしょう。

飛行船団を壊滅させたのは予想通り獣の巨人ですが、はたしてその中にジークがいるのかどうか、いたとしても彼はどのような状態になっているのか気になってしょうがありません。

逃げ惑う…祈る…そんな各国の人々を、巨人たちは無情に踏み潰していきます。

進撃の巨人の結末・エレンの最後 進撃の巨人の結末は主人公であるエレン・イェーガーが、ミカサ・アッカーマンの手で死亡します。

他のメンバーもかなり劣勢で、リヴァイに至っては、足に大怪我を負い、これ以上戦えそうにありません。