葉月 プロレス。

2014年7月5日閲覧。 プロレス入りする前はケンカに明け暮れていたという。 会社には安全管理の責任がある。 今後の大江戸隊はどうなっていくのか?スターダムはどうなるのか?注目だ。 葉月が動かなくなったところでレフェリーが試合を止め、勝利が告げられた。 場合によってはこれも前振りで、他団体に移籍し、対抗戦という可能性も無くは無いとは思います。 趣味はグッズ集め。 プロレス入りする前はケンカに明け暮れていたという。 スターダムのことは大っ嫌いだけど、大江戸隊と葉月のことを応援してくれた皆さんのことは大好きです!以上!ありがとうございました!」と叫び、会場が戸惑いの空気で満ちる中、10カウントゴングが鳴らされ、リングを降りた葉月はナツコを先頭にして組まれた騎馬に乗り、会場を一周してファンに最後の別れを告げた。 そしてジュリアを味わっていただきたいと思う。
27
17 後楽園 AZM戦でハイスピードハイスピード王座V2 3. 大江戸隊の面々は総出でリングに上って勝利を喜び合い、葉月が笑顔でマイクを取ると「今日は葉月ちゃん、テンションが高いので、あることを発表しまぁ~す!12月24日、年内最終戦の後楽園……葉月様、引退します!まあ、あと一ヶ月!しっかり葉月様を堪能してください!以上!」と突如として年内最終興行で引退することを発表 2014年6月 プロテストに合格
そのセンスと身体能力で瞬く間に頭角を現してルーキー・オブ・スターダム2014で優勝を果たすなどの活躍を見せ、後に紫雷イオ、渡辺桃らとQueens Questを結成し、イオとはアーティスト・オブ・スターダム王座を4度戴冠する結果を残すなど、スターダムの中心選手となっていく 東京 ドーム 大会にも. 2月17日、後楽園ホール大会の対AZM戦にてハイスピード王座2度目の防衛に成功
なので今はプロレスに夢中で恋愛どころではない って感じかと思われます 第16代(2018年12月24日 第15代より奪取) 入場テーマ曲 [ ]• 、第二回1回戦、vs戦で敗れ、1回戦敗退• ねえ?」 葉月「はい
と同じ経歴を持っている 選手間に、あれはさすがにまずいのではないか、という空気が流れた
24後楽園での引退を発表した はづき蓮王のリングネームでデビュー
その他得意技 [ ] どすこい コーナートップで直立後、空中で相撲の四股のような蟹股の体勢になり、そのまま落下する なお木村響子の引退により大江戸隊の新リーダーとなる
1月26日、大阪府立体育会館大会にて、とのタッグで・組とスターダム所属最終試合を行った 葉月は中学卒業後すぐにスターダムに入門し、16歳という若さでプロレスデビュー しました
自身初ベルト獲得2018年4月 チーム編成ドラフトにて大江戸隊所属となる レスラーを目指すため自宅でトレーニングばかりをしていた
例えばよりアイドル路線やWWEの様なストーリー重視になり、 激しい攻防のヒールは評価されにくくなるとか、待遇が変わるとか 2018年12月 後楽園大会にてマリーアパッチェに勝利しハイスピード王座を獲得 2019年1月 1. 、息吹・新木場大会、vs()戦でシングル初勝利