蒼穹 の ファフナー。

「エメリー」 ランクアップ(背景の色が変化)するほど大量枚数獲得に期待でき、ラストのボタンPUSHで総獲得枚数を告知。 ザルヴァートル・モデルはコア格納ブロック周囲に常気性の永劫導電回路を形成している。 発射に少々時間がかかるため、フェストゥムの襲来に間に合わない場合が多く、使用して命中したのは作中では一回のみ。 8G目しかチャンスアップが発生せず、レバーON時に下パネルが消灯すれば超激アツの準完全告知モードとなる。 竜宮島には島周囲の空気としてミールが存在していた。 いくつもの対立・交差する関係に全編を通してが当てられるのが大きなであり、最大の「対話」のもたらす意味へと迫る姿勢を貫いている。 先発2機のようにフェストゥムによる再構成こそされていないものの、ベイグラントがゴルディアス結晶に蓄積した「憎しみ」の器であるジョナサンをパイロットとしたことで、再構成前のニヒト同じく飛行、ワームスフィアや二次元防壁生成、主武装たる強大なイージス装備を主とした武器の同化、といったフェストゥムと同じSDPを見せ、竜宮島ファフナー部隊やゼロファフナーすら全く寄せ付けない上に、先発ザルヴァートル・モデル2機がかりでも苦戦するほどのポテンシャルを発揮する。 人類に対する読心を有し、 「」の問いに肯定すれば同化、否定すれば存在をに帰すため攻撃してくる。
89

零央のSDPで自機や僚機を瞬間移動させる。

第三アルヴィス上陸作戦では、ウォーカー対策として部隊の防衛任務に投入。

などに内蔵され、ほぼ用途で使用される。

「CZ失敗後のステージ別・ストック示唆」 通常ステージ<盂蘭盆祭り<ウルドの泉<浜辺の二人 CZ失敗後に浜辺の二人に移行すれば、CZストックありが濃厚。

登場人物 アー・ 人類の体から文化まで、ありとあらゆるを一箇所に集積・保存し、から防衛し続けるための構想。

マークエルフが持つものは全長36mもある。