コロナ 渦 読み方。

— 河本 久和 ikuonomusuko 見間違えやすいですね〜 ずっとコロナ鍋(なべ)だと思ってました。 『災(わざわい)』は防ぎようのない天災という意味があるため、人為的な努力によって防ぐことができる『禍(わざわい)』という言葉を用いていると思われる• 類義語として『自粛』『ロックダウン』『歴史的緊急事態』等が挙げられる 新型コロナに感染している人の中にも無症状の人や病院に行っていない人が多数いると思われるので、本当のところの感染者数は知る由もありません。 中国の発音を元にした読み方。 見たことがある漢字にどうしても思えてしまうんですね。 コロナ禍(ころなか)の意味と使い方 なかなか普段は禍という言葉は使用しませんね。 世界がコロナ禍でも、病気に負けないように健康を保つことが大切である。 コロナ渦?コロナうず…のはずはないし。 厚生労働省 2020. 新聞やマスコミでは「 コロナショック」という言葉が使われていましたが、政治家や一部のマスコミで日本語名での総称として 「コロナショック」の代わりに「コロナ禍」を使用し始めたのが始まりです。 このように同じような使い方をする言葉がほかにもあるんです。 このように同じような使い方をする言葉が他にもあることが、今回「コロナ禍」を「コロナ渦」と迷ってしまう人が出る要因になっているのかもしれません。
81
しかし、確実にコロナが世界で特に日本で猛威を振るうようになったのは2020年からです。 今のところ、放送のことばとしては「コロナ禍」は画面上の表記に止め、声で伝えるときには「新型コロナウイルスの感染拡大(による・・・の影響/状況)」など、伝える場面や内容に応じて具体的に分かりやすくことばを紡ぐことが求められるでしょう。 悪いこと。 「人のー」「興奮のー」「紛争のーに巻き込まれる」 さて、ここで出てきた「戦渦」と、先ほどの「禍」の熟語で登場した「戦禍」。 行政によるネット上の発信では、• 『禍(わざわい)=災難・災い・不幸』の意味があり、新型コロナウイルスが発生しなければ使われることがなかったであろう言葉であると言えるかもしれません。 コロナ禍(か)の読み方から考える ~災い(わざわい)と禍(わざわい)の使われ方~ コロナ禍とは、2019年末から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による社会・経済的影響のことを指します。 また、その流れ。 とりあえず、私はこのサイトのリアルタイム数値を見ています。 『コロナ禍』によって多くの人々の生活が脅かされていますが、今は各々が協力しながら感染拡大を防ぎ、1日でも早い経済回復を待つしかないですね。 渦とは 混乱した状態。
75