品 確法。

瑕疵担保責任の対象となるのは、 住宅の基礎や柱、床、屋根などの基本構造部分と 雨漏りなどに関した部位です。

瑕 か疵 しとは、法律用語でキズとか欠点とか不具合という意味です。

公平に紛争処理が行われるように、 第三者的な立場の処理機関が取り扱うことになっています。

この記事の「1. また、他のメーカーのカタログにも同じような比較表が掲載されているため、他社の表と見比べつつ、どのメーカーのエアコンを購入すべきか考慮することも可能です。

住宅の10年保証の元となっている法律と言えば、思いだされる方もいらっしゃるかと思います。

給排水管やガス管の交換のしやすさなど、維持管理の容易さに関すること• そこで、品確法では、住宅のカタログを作成するルールに関することを規定しています。

もっとも、売主Xの立場であれば、品確法に基づき10年間は販売会社に保証を請求出来ますので、買主Yが売主Xに請求し、売主Xが販売会社に請求するという流れになることは考えられます。

もし家に持ち帰ってサイズが違っていたり、思っていた画質ではなかったりしたとしても、クレームのつけようがないのです。

これは住宅に置き換えても同じです。

品確法がなければこういった評価書もないため、とても重要な役割をしていることがおわかりいただけたと思います。

79
要するに, 住宅の取得者が瑕疵に気づいてから1年間以内という短期間の制限です。 逆に言えば、家が傾くこと、雨漏りを起こすことはそもそもあってはならない事ですので、非常に最低限の部分であるという認識を持って頂いたほうが良いと思います。 品確法の主な3つの規定• 本資料は、特にポイントとなる取り組みについて、その概要と実施状況をわかりやすく紹介することで、受注者の方々へ各種取組が浸透することを目指しています。 紛争の処理に関すること• 改正の背景 改正前の公共工事品確法では、発注者の責務として予定価格の適切な設定等を定めるほか、多様な入札契約方式の導入・活用を位置づけ、行き過ぎた価格競争の是正を図ってきました。 売買契約については 解除できることもできます。 このページではなるべくわかりやすく、住宅品質確保促進法 以下、品確法 の要点をまとめたいと思います。 例えば、あなたがテレビを購入することを想像してみてください。 そういった情報を見て、どのテレビの性能が良いのか?自分の部屋のサイズに合っているか?端子はいくつあるか?デザインが良いか?などをじっくり比較して検討して決めると思います。
69