山崎 浩子。

山﨑浩子 『愛が偽りに終わるとき』プロフィール 文藝春秋 1994年• 山崎が大学4年生だった頃に教会の勧誘が盛んになり始め、高価な壺を買った新体操部員がいて問題になっていた。 19

甘え上手の世渡り上手だったからかわいがられたのでしょうか? 3歳の時にはお父さまの赴任先、種子島へ家族で引っ越します。

厳しい指導で知られる女性監督の下で、1日の休みもない合宿生活が1年中続き、練習でミスをすれば体罰を受け掃除に心がこもっていないと叱られる日々だった。

私なんて、外国に行ってまでみてもらうこともあるぐらい好きなんですよ。

統一教会の勧誘は、女子大学生などがメインターゲットだった。

統一教会をもとにして夫婦の生活はあったのでしょうけれど、それ以外の、普通の男と女としての結びつきもあったと思うのね。

付き合っている相手がいたが、人類の罪を清算するためには神が選ぶ相手と結婚する必要があるという統一原理を学ぶうちに罪の意識に苛まれるようになり、交際を解消した。

その後、友人Tも牧師に会って話を聞き脱会を決意。

また教会のの写真を見て立腹していたこともあり、その教会の講義を受けていることに怒りを覚えたが、友人Tに諭されて受講を続けるうちに教会の教義である統一原理にのめり込む。

62