お守り 違う 神社 に 返す。

さらに、そのお守りが旅行先などで買ったものでしたら、遠くてすぐにはその神社にお返しが出来なくて、それもむづかしいですよね。

基本的にお守りは1年で返納するのがよいとされていますが、放置するのとは違って、大切にする意味で手元においておくことは問題ありません。
この期間に自由に入れておけば、どんど焼きでお焚き上げしてもらえるので、お守りやお札はお正月に神社に持参しています。 』などと感謝の気持ちを書き、同封します。 1人の神様を祀る信仰ではありませんので、別の神社や神様にも同じようにお参りすることができるし、違う神社のお札でも受け付けてもらえるのです。 神社によって事情が変わるときもあるので 足を運ぶまえに、電話で聞いてみるのも良いかと思いますよ。 ただ、注意しなくてはいけないのは、お寺でいただいた御札はお寺に返納してください。 旅先の神社では色んなお守りも目にするかと思います。 古札納付所が常に設置されている大きな神社(都内なら、明治神宮・日枝神社・神田明神・湯島天神・富岡八幡宮など)で納める のうちいずれかを選ぶことになります。 神社のお守りの内府には神様の魂が込められ、お寺のお守りの内府には仏様の念が込められているのです。 ですのでその扱いは丁重さが求められます。
64