人工 地震 と は。

96

そして、今、自分が何をすべきかは自覚なさってください。

44年12月の「東南海地震」(M7.9)は、「観測史上最大規模の大地震」だったと当時の米国の新聞は報じています。

さて、 この「人工地震」ですが、これは、地中に火薬をいけて爆破さして震動をおこすことを云ふもので、この震動のことを地震波とも称してゐますが、純物理學的には弾性波と呼ばれ、この地震波又は弾性波の速度は物質の硬さ(弾性率)の大きさに比例するが為に、例へば一定地域の地質を調査するに當[当]って、そこに火薬を爆破さして、所謂人工地震を起し、地震波の速度を計れば、その地質の硬軟その他が分明[=判明]するといふわけであります。

というのも、この地下の廃水量が膨れ上がることにより、地震の発生が急増しているのだ。

———————-(以下から転載) 植物にとっては不足気味のCO2 生命が誕生したころの地球では、大気のほとんどをCO2が占めており、その後徐々にCO2濃度は低下してきたと考えられています。

このプロジェクトの目的は公式には二つ。

当初はJAMSTECによる自主運用が行われていました。

スパーカー 水中でさせる。

10
波を捉えると、波を捉えるがある。 「ちきゅう」は、水深2,500mの海底から7,000mの深さを掘削できる。 「ちきゅう」は今年7月29日に完工する。 こちらは高周波活性オーロラ調査プログラムと訳されています。 「地球温暖化」というウソを広めた「アル・ゴア」という人物は、未だにウソを広めようと悪あがきをしています。 。 そして、人工地震の脅威はまた、日本も決して他人事ではなかったのだ……。 また、みずほ情報総研をはじめとする12法人は、CO2分離・回収に関わる環境影響評価手法や国内での円滑なCCS導入に向けて必要な制度、分離・回収のみならずCCS全体のシステム等について検討を行います。
56