進行 性 核 上 性 麻痺 余命。

11

したがって、症状に応じた支持療法を行うことが治療の中心となります。

原因不明のバランス問題• 進行性核上性麻痺 PSP 、大脳皮質基底核変性症 CBD と診断されたとき、初めて聞く病名に困惑されたことでしょう。

また、病初期には診断確定が難しい場合もあります。

転倒するときは、通常は後方に倒れる。

ほとんどの患者は、発症から3~4年以内に介護を必要とするようになる。

また反射障害により転びやすくなっているため、 危険防止のためにこまめに声かけをし、歩く時は可能な限り介護者が付き添いましょう。

栄養士は、窒息のリスクを減らしながら、適切な栄養を維持するために食事の提案をすることができます。

54