菊 の 花 の 育て 方。

地植えは夏に乾くようなら水を与えます。

また、 和ギク:日本で品種改良が進んだもの 洋ギク:主にヨーロッパで品質改良されたもの という分け方をすることもあります。

(草丈が高くなるため) 挿し芽で株の更新をすると、キク(菊)の株と花が元のように持続されます。

菊の摘芯をするタイミングを逃す 2013年現在、菊を育てるようになって数年経ちました。

菊 キク の特徴・品種 菊は、キク科の多年草です。

毎年のようにあれやこれやと庭や花壇をいじっています。

病害虫に強い花や野菜を目指してぼかし肥料なども手づくりしていますが・・・ 花類は虫害がひどいときは殺虫剤のオルトラン粒剤などを株元に蒔いておくと手間要らずです。

最も一般的な 「中菊」 「小菊」 「スプレー菊」 に或る程度共通した 育て方 などについて記述します。

これから開花です。

開花時期にアシナガコガネの被害に悩まされて諦めてしまったこともありましたが、2016年から再び集め始めました。

冬至芽は、そのまま冬越しする方法と株分けする方法があります。

真夏は、半日陰に移動させるなど対策を取る必要があります。

鉢植えの場合は、(赤玉土、3:腐葉土、4:パーライト、2:くん炭、1の配合土)か(黒土に腐葉土を3割ほど混ぜたもの)がオススメです。 ことに日照は大切で 一日最低2-3時間、 出来れば半日ほどは得られる場所を選びます。 この際にメネデールを入れておくと良いですが、たった1時間程度の話なので入れなくても良いです。 根伏せは掘りあげた際、太い根を数cmの長さに切り取り、土を入れた浅めの鉢やプランターの上に寝かせて2cmほど土をかぶせます。 春から秋にかけて、スプレー式の害虫・殺菌剤など月に1回くらい定期的にまくようにします。 数が少ない場合はテープなどで引き剥がすことも可能ですが、繁殖力が高いため、オルトランなどの薬剤を散布して対策するようにしましょう。 植え つ け時期 小菊の 植え つ け適期は6月から7月中旬にかけて。
1