ご 承知 おき ください。

この2つの言い回しは、「ご承知おきください」と同じく正しい文法の敬語表現です。 ですからまだ習っていない小学生は「いたします」で良いでしょう。 上司などに対して、「〜について知っておいてください」などとは言わないからです。 「承知しました」はOKで「了解しました」がNGなわけ 承知 1 旨をうけたまわって知ること。 また「ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。
16

どうかお含み置きください」 のように「含み置く」を代わりに使っても良いでしょう。

目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。

「かしこまりました」に近いかもしれませんね。

「ご承知おきください」の類語 「お含みおきください」 目上の人へ「ご承知おきください」を使いたい場合は「お含みおきください」が良いでしょう。

目上の人には失礼にあたります。

「含みおく」のみであれば「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができます。

命令してもlよい、要請しても良い相手への、または状況での表現であるので、相手に対して謙譲の意を示す意は最初から希薄でしょう。

「ご承知おきください」の使い方 「ご承知おきください」を使った分かりやすい例としては、「こちらの内容をご承知おきください」「突然の大雪により到着まで時間がかかることをご承知おきください」「入院のため明日より2週間ご不在になることをご承知おきください」などがあります。

その他の気をつけたい目上の方へ使うビジネス敬語 最後に、「ご承知おきください」以外に気を付けたい目上の人に対して使うビジネス敬語をご紹介させていただきます。

この表現は「資料のデータは昨年のものを使用しておりますので、お含みおきのほどお願い申し上げます」といった使い方をします。

49
確かに相手側にとってはやむを得ない事情のようなのですが、召集されている人たちも暇ではないわけです。 「ご承知おきください」と「ご了承ください」の使い方の違い 一つ目の「ご承知おきください」を使った分かりやすい例としては、「こちらの商品は払い戻しできないことをご承知おきください」「渋滞により目的地まで時間がかかることご承知おきください」「見積もり価格は暫定的なものであることをご承知おきください」などがあります。 確かに相手側にとってはやむを得ない事情のようなのですが、召集されている人たちも暇ではないわけです。 「了解しました」が謙譲語性をもたないからといって、決して尊大な言い方ではありません。 。 ご了承いただきますようお願い申し上げます。
57