腰椎 すべり 症 し て は いけない 運動。

6
ただし、 加齢とともに関節や靱帯が歪むことで発生確率が上がるとか、 遺伝などの先天的な原因によって分離しやすくなってまったとか、 成長期に激しい運動をした結果腰への負担が大きくなりすぎてずれてしまったとか、 大きな事故が原因で腰椎が損傷してしまったためにズレができるようになってしまったとか、さらには 腫瘍などが腰回りに出来てしまうことで腰椎が損傷してしまい発症してしまったといったケースはあるようです。 こういった理由から、腰椎分離すべり症で痛みがある時に運動はしてはいけないということになるのです。 とくに椎骨が前方へすべっている人の場合、腰を反らせることですべりが大きくなることがあります。 疲労骨折のようと言っても、実は腰椎分離症はあまり強い痛みを出さない場合が多いですし、痛みがあっても一時的で気づかないことも多いです。 加齢によって、椎骨を支えている靭帯、椎間板、椎間関節などに緩みが生じたり、椎骨を支える筋肉が衰えたりすることで、椎骨を支えきれなくなってすべってしまいます。
56