シャドール デッキ レシピ。

守備力0の闇属性なので豊富なサポートに恵まれており、それらと混合するデッキの場合採用しやすいカードになります ミドラーシュ2• 幸いシャドールは初手で融合も行いやすいし、シャドール・ビーストを使用しての展開も出来るようになっていますから」 「シャドールデッキに限らずですが特殊召喚回数を防がれるのはかなりの痛手ですし、相手ターンにミドラーシュを融合召喚させることで『相手の展開を途中で妨害する』ような動きも可能になっているのがポイントですの
」 次回もよろしくお願いします 融合を引けないとイマイチパワー足りないと感じます
《簡易融合》で特殊召喚できる唯一の「シャドール」であり、各種素材としても優秀です 展開について 融合札を握ってないとなかなか厳しいです
デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を 表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する 正直この構築は使ってて光天使の部分に他の光を入れて神の写し身と接触していった方が良いかなーというかんじの完成度の低いものなんですが「神の写し身との接触-エルシャドール・-」が出た後はこういう風に構築が変わったりするのかなーと思った点がいくつかあったのでちょっと書いていきます
最近のデッキレシピでは採用されていないことが多いですが、決して弱いカードではないので使ってみてください 「シャドールデッキの大きなポイントではあるんだけど、この特殊召喚するタイミングをずらせる動きが出来るってのが最大の強みなのよねぇ・・・」 「 シャドールデッキはそういった意味でも最終的にミドラーシュを筆頭にネフィリムや各種融合を使って戦うのがシャドールデッキの最大のポイントとも言えますね
ただ、能動的にリバース効果を起動させるカードは、このデッキでは、「影光の聖選士」の墓地効果ぐらいしかありませんので、相手モンスターの攻撃を待つか、自分のターンで反転召喚するかの受動的な方法での発動になります 超融合などのメタカードを採用出来る強みや属性メタが強力! 「とまぁシャドールデッキは本当に新規の存在が非常に大きいというのもあって、リバース効果等を筆頭に新規カードの登場でかなり使いやすくなってはいました
1 :属性を1つ宣言してこのカードを発動できる また、全体的に低速なので速攻で勝負を決めてくるデッキは分が悪いです
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》1• という効果に変更されていて、シャドールデッキでの動きで合わせると・・・• SD37-JP002「影霊の翼 ウェンディ」3• ビーストはウェンディで持ってくる用 《 聖魔の乙女 アルテミス》は《 影依の儀典》(シャドールーク)とかなり噛み合いがよいです
「妖精伝姫-カグヤ」3• うさぎ1• デッキの核となる《影依融合》を手札に加えるのが最優先なので、《シャドール・リザード》で墓地に送り、このカードで回収する使い方ができます 【シャドール】は展開速度の速いデッキではないので罠カードゆえの遅さもあまり気になりません
57
その緊急テレポートで出てくる《影霊の翼ウェンディ》がえげつなく強い訳なんだけど、このカードがあるお陰で各種シャドールにアクセスがしやすくなっている他に効果で切る事が出来れば一気に盤面まで肥やせる強みもあるって感じか。 「影依融合」3• 「シャドール・リザード」1• また最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。 1 :このカードがリバースした場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 実質このモンスターを効果で墓地に送ることで、デッキに採用した任意の「シャドール」の効果を発動できることになるため、比較的採用率は高めです。 うさぎは禁テレから持ってこれるため、禁テレが光属性に化けると考えられます。 シャドールの効果が結構大事で初動や後半のアド取りまで全ての動きの基本になります。
76
融合1• その後、自分フィールドの裏側守備表示の 「シャドール」モンスターを任意の数だけ選んで表側守備表示にできる 《エルシャドール・ネフィリム》3• しかしバンデッドとマスマティシャン両方を多く積むと召喚権が必要なカードが多くなりすぎて動きづらいので、その点でマスマティシャンもバンデッドとの相性がいまいちに感じています
更に、 永続でカード効果を無効にするっぽいので永続魔法罠でのメタやモンスター効果をすり抜ける事も可能になっています リバース時、デッキから同名以外の「シャドール」1体を守備表示(表裏問わず)で特殊召喚できるモンスター 効果で墓地へ送られた場合は同名以外の「シャドール」1体を裏側守備表示で特殊召喚できます
独自の使い方を見出すことができれば、その強さを遺憾なく発揮できるでしょう さらに役割的にはほかの「シャドール」融合体で賄えることが多いため、比較的強力な効果を備えていても影が薄い不遇なカードです
おめでとうございます 特殊召喚した場合、フィールドのカード1枚の効果を無効にできるモンスター 蘇生や帰還などで特殊召喚した場合でも発動できるため、相手ターン中の妨害としても使えます
デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する つまりは2枚初動となります
どちらかといえば、今までシャドールを使い続けてきた人が使うというより、新たに使い始めた人が使っていたという印象 ヘッジホッグは混ぜれば、上記2枚をサーチできる上、リバース効果で融合魔法をサーチできます
52