外壁 塗装 ブルー グレー。

気に入った色があればそのお宅に色味を聞いてみるか、業者さんに見てもらうと良いでしょう。

それから、色見本を部屋の中の蛍光灯の下で見るのと、日光に当てて見るのでは印象が違います。

ブルー系以外にもグリーン系も化学染料が使われることが多いので色あせが激しいと言われています。

紫外線に強い 外壁の見た目に大きく影響する色褪せや変色を引き起こす一番の原因は、紫外線です。

艶の有無・程度• 汚れが目立たない 外壁塗装の色選びでは、なるべく汚れが目立たない色にして欲しいという要望が一番多いです。

新築時よりデザイン性の高い住宅が増えたことも影響しており、塗替え時においても個性を出したいニーズが高まっています。

ただし、反対色の組み合わせは比率が均等になるほど、派手で落ち着きのない印象になります。

この時、 青みがかったグレーを選ぶのがコツです。

眼下の街並、美しい自然、一面の青空を借景とする、 眺望を生かした広がりを感じられる家となりました。

部分的なアクセントを取り入れる 窓枠やベランダ・バルコニーなどの部分的な箇所だけに差し色を使うことで、隠れオシャレができます。

75
特にグレー系を選ぶときは、明度によりイメージが変わる点に気をつけておきましょう。 今回は外壁の色選びに迷ったときに見て頂きたい最新人気ランキングと、外壁と屋根の組み合わせランキングを紹介します。 カラーベスト屋根塗装下塗りをしています。 耐用年数的には12~15年とされていて、価格はシリコン塗料よりも少々高い程度になります。 グレーの家づくりをする時に知っておきたい3つのポイント グレーの外観を選ぶメリットは先ほど紹介した通りです。 1つ目:1軒だけ違う色にしたら周りから浮いてしまう• マットな質感は、よりおしゃれでスタイリッシュな家に仕上げてくれます。 反対にブルー系の外壁に合わないのはホワイト系、ペールカラー系(淡い色)になります。 外壁の色味が明るい家が多いと、グレーは地味に見えてしまうかもしれません。 二つ目は、 明度の違いで様々なバリエーションが出るということ。
8