清見 オレンジ。

主要特性• 清見オレンジの産直販売 鈴木農園 和歌山県下津町 鈴木農園 みかんの産地直送販売、適度な酸味のある昔 懐かしい味をお届けします。 83
ミカン類の英名「タンジェリン(tangerine)」と「オレンジ(orange)」の頭の文字を合わせて「タンゴール(tangor)」となったそうです。 清見の特徴 「清見(きよみ)」は温州みかんの「宮川早生」と「トロビタオレンジ」の交雑種です。 常温でも1週間程度はもちますが、それ以上もたせたい場合は、ラップで包んだり袋に入れたりして冷蔵庫に入れれば、皮に水分を取られて果肉がパサつくことはあまりありません。 また、体内の酸性物質の減少や疲労回復、浄血に有効なクエン酸や、整腸作用のあるペクチンも多く含まれています。 これほどの長期間を要したのは、広域の普及性について検討が続けられたためであった。 ちょうど菜の花や桜を楽しむ時期の 果実なので、春を食べているような 気分になるのは 私だけでしょうか(^-^;; 完熟を迎えた清見オレンジ。 次いで佐賀県や広島県などが続きます。 皮が少し厚く果汁が多いため、手でむくのが難しく、ナイフでカットするのがおすすめです。 クレイジーソルトがなければ、普通の塩で代用できます。 皮はオレンジよりはむきやすいですが、果実がやわらかいので無理にむくのではなく、ナイフで切って食べるほうがよいかもしれません。