線路 は 続く よ どこまでも。

しかし、作詞は氏の単独作業によるものではなく、「ノッポさん」ことによる原案を元に、当時の番組スタッフの共同作業により作り上げられた。 成立時期が近いワークソング アメリカ西方への領土拡大に伴い、輸送・移動手段として線路・鉄道網が東から西へ向かって横断するように延伸されていったのもこの頃で、アメリカ民謡『』は線路工事の作業員たちの間で労働歌・ワークソングとして歌われていたという。 線路の仕事 [編集 ] 『線路の仕事』は(1896-1971)訳。 原詩 [編集 ] I've Been Working on the Railroad 俺は線路で働いている まる一日中だ 俺は線路で働いている あっという間に時間が過ぎてゆく 警笛が鳴り響くのが聞こえるだろ こんな朝っぱらから起きろってさ 親方の叫び声が聞こえるだろ ダイナ、ホーンを吹き鳴らせってさ ダイナ、吹き鳴らしてくれ ダイナ、吹き鳴らしてくれ ダイナ、吹き鳴らしてくれ、お前のホーンを ダイナ、吹き鳴らしてくれ ダイナ、吹き鳴らしてくれ ダイナ、吹き鳴らしてくれ、お前のホーンを 誰かがキッチンにダイナと居る 誰かがキッチンに居る、俺は知ってるんだ 誰かがキッチンにダイナと居る あの古いバンジョーをかき鳴らしてるんだ! 歌ってやがるぜ、フィ、フィー、フィドリーオって フィ、フィー、フィドリーオー フィ、フィー、フィドリーオ あの古いバンジョーをかき鳴らしながらな 誰かがダイナと愛し合ってる 誰かが愛し合ってる、俺は知ってるんだ 誰かがダイナと愛し合ってる あの古いバンジョーが聞こえないからな ここでダイナ Dinah は列車の名前と女性の名前の両方の意味に用いられており、この労働歌はとして読むこともできる。 歌詞の成り立ち [ ] 『線路は続くよどこまでも』の作詞者は、佐木敏であり、これは『みんなのうた』の二代目のディレクターであった後藤田純生(2004年死去)のペンネームである。 映画『』では、主人公矢口蘭堂が赤坂秀樹内閣官房長官代理に対し、「線路」を「戦後」ともじり、「戦後は続くよどこまでも」と発言する。
そして、『』の中で、『 線路はつづくよどこまでも』(NHK版では『 つづくよ』は)として紹介されて以降、ホームソング、として愛唱されるようになった。 不足する労働力をまかなうため、大量の中国人・アイルランド移民が採用された。 2009年1月から使用されている分は阪神電気鉄道のラジオCMとして使われていた。 かつて駅前にがあったことに因んでいる。 のは、において得点が入った際に、応援団とチアリーダーがステージ上で「」を踊りながら歌う。 (JR西日本)• また、1999年まで近鉄特急では終点に近づくと車掌が車内を巡回して特急券を回収しており、その旨を伝えるアナウンスのチャイムとしても使われていた。 双方とも再放送されなかったが、「」でリメイク版の映像と音楽が提供され、12月に「」で実に38年3ヶ月ぶりに再放送、再放送では歌手・映像製作者・歌詞の各がニュープリント化されて放送した。 I've been working on the railroad All the livelong day I've been working on the railroad Just to pass the time away 朝から晩まで線路工事 あっという間に時間が過ぎていくよ Can't you hear the whistle blowing Rise up so early in the morn Can't you hear the captain shouting Dinah, blow your horn 汽笛が鳴るのが聞こえるかい? 朝っぱらからこんなに早く起こされるんだ 親方も叫んでる 「ダイナ、汽笛を鳴らせ!」 Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow your horn Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow your horn ダイナ 汽笛を鳴らしてくれ ダイナ 汽笛を鳴らしてくれ Someone's in the kitchen with Dinah Someone's in the kitchen I know Someone's in the kitchen with Dinah Strumming on the old banjo, and singing 誰かがダイナとキッチンにいる バンジョー鳴らして歌ってる Fie, fi, fiddly i o Fie, fi, fiddly i o Fie, fi, fiddly i o Strumming on the old banjo フィ・ファイ・フィドリ・アイ・オー バンジョーかき鳴らしながら 関連ページ 『大きな古時計』、『森のくまさん』、『すいかの名産地』など、有名なアメリカ民謡・童謡特集 『線路は続くよどこまでも』のメロディで歌うキャンプソング・レクリエーションソング。 しかし、作詞は氏の単独作業によるものではなく、「ノッポさん」ことによる原案を元に、当時の番組スタッフの共同作業により作り上げられた。
69
風のアレンジがされている。 実際の鉄道における使用例 [ ]• また、2010年のホークスのキャッチフレーズでもある「今年はやらんといかんばい! 1990年から2009年1月まで使用されていた分の音源は2002年発売のCD『 Sound Collection Vol. そう、あのアメリカ民謡『』のメロディが突如として出現するのだ。 2代目誕生100周年イベントにあわせ、2015年からで発車メロディとして採用されている。 のうち阪神の管轄駅である・は阪神と共通(新開地駅3番のりばを除く)。 子どもにはこの歌詞は見せない方がいいですね・・・ 日本で子供たちが普通に習う民謡の本当の歌詞の意味が ここまで怖いってどうかと思いますよね・・・ 子供達には明るい背景で生まれた歌を元気に歌ってもらいたいものです。 1990年から2009年1月まで使用されていた分の音源は2002年発売のCD『 Sound Collection Vol.。 日本では、『線路はつづくよどこまでも』として知られている。
94