今 しばらく お待ち ください メール。

どんな時に使用するのか ビジネスの場面において、「今しばらく」は電話がかかってきたときに目的の相手が電話に出られない時や、質問や問い合わせに対して即答ができないときに「お待ちください」と合わせてよく使われる表現です。

, 前節でご説明したように数秒~数分待たせるときや、概ね数日から一週間程度を想定して使われたりします。

今しばらくを含んだ文の内容によって、その時間の長さは変わってきます。

返信内容としては、「お返事いただきありがとうございます。

しかし、どんな風に書いたら良いのか分からない、という方も多いのではないかと思います。

「お待ちください」は敬語として正しい表現です。

for a whileよりは字数が少ないので急いでいる時などには使いやすい英語ですね。

71
「あなたが待つという行為をしてくださるように、わたしはあなたに対してお願いします」という構図。 Pleaseをつけることで、丁寧な言い方になるので目上の方やビジネスに使うときはPleaseをつけると良いでしょう。 ~をするまでたいした時間はかからないよ!という伝え方です。 この言葉と今しばらくは似ているようでわずかな違いがありますよ。 「お待ちください」の後ろに「お願い申し上げます」を加えることで、丁寧に「待ってほしい」とお願いする表現になります。 」と言います。 「お待ちください」以外に「待ってほしいこと」を表す言葉には、「お待ちいただけますか?」や「お待ちいただけますようお願いいたします」などがあります。 敬語ではあるものの、正しく適切な表現にするためには言い方の工夫が必要です。
44
連絡を待ちわびる気持ちもあるでしょうが、なにかしらの理由から「待ってほしい」と言われているのですから、相手を焦らさないなめにも何度も連絡をするのは控えてください Sielskie dni płyną szybko, ale nagle się okazuje że bardzo szybko bo jezioro wysycha. 相手に待ってもらう際に気持ちの良い引継ぎができるように、今しばらくを上手に使いこなしたいものですね
Szczyt zaliczany jest do Korony Europy, a samo zdobycie go to dla nas czysta przyjemności, choć okraszona litrami wylanego potu i silnym zmęczeniem. 「お待ちください」とただ漠然と待たされるよりも、状況によっては「今しばらく」をつけて、待ち時間の目処がつくようにすると親切です 電話で使用する場合は、数秒や数分という捉え方ですが、メールですと一週間ほど想定されます
もうしばらくの英語はa little longerやjust a few more momentsもありますよ ・今回の面接の結果についてですが、少々お時間を頂きたく存じます
「お待ち」の「お」は尊敬を表す接頭語です こちらも今しばらくお待ちくださいの良く使われる表現になります
Jakby to powiedzieć, życie w trakcie kursu i po nim pewnie też staje się inne. 一方的に押し付けるような印象を避け、へりくだった気持ちを表すことができます ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で丁寧語を二つ重ねているので二重敬語になってしまうため誤りになります
Jest to kropla w morzu w porównaniu do całości, ale smak przygody można na pewno poczuć. 「お待ちください」を丁寧に使って、相手に良い印象を与えましょう 「今しばらく」と「もうしばらく」の違い 「今しばらく」と「もうしばらく」の違いは、「今から」しばらくなのか、あるいは「さらに」しばらくなのかという点です
「少々お待ちください」と言うときは、待つ時間が瞬間的に少ないことを表し、一定の期間の長さは含みません 「しばらく」という言葉が表す時間経過に幅がありますので、それに準じて類義語にも幅が出ます
「今しばらく」の時間的な長さは 「今しばらく」の具体的な長さは、電話で「今しばらくお待ちください」という場合なら4〜5分程度、「今しばらく晴天が続くでしょう」という場合なら3日から一週間程度、「骨折のため今しばらくお休みをいただきます」という場合には1ヶ月程度と、使われるシチュエーションによって大きく異なります どちらが良いかは状況次第と言えるでしょう
もうしばらくはさらにプラスして時間がかかることを意味しますので、待つという文の場合には最初に謝罪の言葉を付けましょう 具体的に言うと、その時とこれにプラスした短時間ということになります
72