メタニウム dc。

注意点 ここで凄く大事な事! それは、バックラシュを避ける事。

いい感じで差別化されていると感じる。

アンタレスDCMDとそこまで差があるように感じないので、メタニウムDCはベイトシーバスを楽しみたい人にもおすすめできるリールだ。

ベイト シーバスは実に楽しい! 関連記事. この辺りをもっと噛み砕いてお伝えしたいと思います。

I-DC5は、15通りのブレーキセッティングとなっており、よりきめ細かい設定が可能となっています。

岸から遠投したり重いものをブン投げるような釣りだけでなく、中重量のルアーを何度も細かく打っていくような釣りにも、メタニウムDCは真価を発揮する 釣果 釣果の方は、ギルor小バスのバイトが1回あったのみ
釣りに行った日時・場所• - 118,187 views• 見る角度によって雰囲気の変わるとても凝った塗装です 一点僕が感じる不満をあげるとしたら、サイドカバーが外れる仕様になっている点
ウィードに引っかかって外れるときの「ぷりんっ」という感触も分かる 一方DCはリール内部にある機械が自動で最適なブレーキシステムを作動させてバックラッシュを防ぎながら遠投することが可能です
サイドカバーを開けるとこんな感じ 約30%ブレーキ力がアップするだけでなく、リリース直後に一瞬のノーブレーキ帯を設けることでMAX回転数が約12%向上し、伸びやかかつ安定したロングキャストが可能になりました(数値はいずれも当社比)
アンタレスDCや昔のメタニウムmgはサイドカバーが一体型なのに、どうして? と思ってしまいます 5とオールランドに使うにはちょっとしんどいかなと思いHGにしました
70