常磐 線 遅延。

5月10日:関本駅を大津港駅に改称。

その結果として事故の発生によって広範囲にわたって運転見合わせや遅れによる悪影響が発生してしまうのだ。

(昭和45年)• (昭和48年)4月1日:開業 :水戸線 開業
過密ダイヤ 本数が多い過密ダイヤでは乗客にとっては電車への乗車機会が多くなり、輸送力もその分上がる 10月1日:羽鳥 - 岩間間複線化
相互直通運転 2015年3月からは常磐線快速の一部は上野東京ラインとして東京駅を経由して品川駅まで直通運転を行っている 6月1日:取手 - 勝田間交流電化
複線区間• 石神駅(現東海駅) - 大甕駅間で列車脱線のため運休 内陸移設後の旧線の路盤のうち新地 - 山下間は津波防災対策として盛土をして築堤に転用し、その築堤上にを建設する工事が進行している
常磐線は快速線・緩行線ともにそれとは対照的で、5~10分間隔が空くことがほとんど 警戒区域に含まれなかった久ノ浜 - 広野間は2011年(平成23年)8月1日から運転再開前日まではバス代行を実施し、へ仮設ホームを設置した上で同年10月10日に運行を再開した
:隅田川線を編入 同区間の緩行線と快速線の分離が行われる
4月1日:信号所を信号場に改称 緩行線で運用開始
9月15日:により各地に被害 快速線・緩行線のいずれもこの点では共通
踏切における事故が発生する確率が自然と高くなる要因が存在 「すいません」とか言いながら、絶対すいませんと思ってないのが見え見えで無理矢理乗ってくる
(明治29年):土浦線 田端 - 土浦間、隅田川線 田端 - 隅田川間開業 、高駅(現在の)開業
52 70