滝川 英治。

事故のときも『滝川クリステルのいとこが事故』って出て迷惑をかけてしまったんですけど、いやな顔一つせず、いつも『絶対良くなるって私は信じているから』って笑顔で勇気づけてくれる。

2017年末には右腕の感覚も少しずつではあるが戻ってきたそうで、2018年3月には5本の指の感覚も感じられるようになったとか。 5次元舞台方面の売れっ子俳優だったことも原因の1つに挙げられます。 校長先生なんて僕もそんなに知らないのに、父が校長室にポスターを持って行って、貼っておいてくれなんて、何を勝手なことをやっているんだって。 本当にけがをする前は、姉貴ともそこまで密に連絡を取ったりはしていなかったですけどね。 あと僕は一人暮らしだったんですけど、パールという犬を飼っていたんです。 芦沢統人• なんて豪華な親族関係なんでしょう。 転倒事故 [ ]• 俳優を引退しなくてもいいのではないかと思いますが、本人は現状突破するにはケジメが必要と考えていました。
精神的にも 「999年分泣いた」というほどの状態に追い込まれたそうです。 滝川さん、事故の責任問題については、「自分の責任だから」と人のせいにしていませんね。 自分の遺影の幻影を見たり、闇に連れて行かれそうな体験もしたし…。 2017年7月16日閲覧。 東京男子図鑑(2020年、関西テレビ)- 林常昭 役• 舞台芸術集団地下空港第16回公演「ポセイドンの牙」(2016年6月1日 - 5日、) - ポセイドン 役• 入江真潮• が、ほどなくして「リポビタンD」のCM出演をつかみとるなど、俳優としての道は順調に拓けていった。 )でMCを務め、仕事復帰。 2017年9月15日、ドラマ『弱虫ペダル Season2』(BSスカパー!)の撮影中の事故で脊髄損傷の重傷を負い、事故直後は人工呼吸器と無数の医療機器が取り付けられ、言葉を話すこともできず、首から下が全く動かない。