スロープ 勾配。

60
上の地図は、国土地理院()の地理院地図というものへのリンクです。 通路幅は最低でも90cmとし、動きやすいようにしましょう。 ・解答2 こちらも上のスロープの勾配計算の公式に従い解いていきます。 公共の施設、病院などのスロープは、ほとんどこの勾配におさまっています。 車椅子利用者にとって、入口に段差があったら、真っ先に「ここは無理」だと思われてしまうでしょう。 特に下りは、介助者が下から支えるなどの補助が必要なほどの勾配となっています。 実際に車椅子で8分の1勾配のスロープを上がるのは、かなり大変です。 これはフットレストの高さが10cm以上だからです。 つまり途中で疲れちゃうんです。
52