テセウス 原作 犯人。

95
心が過去に戻って過去を変えたことで、さつきの未来が変わって生き延びることになっていました その場には由紀も行くことになり、鈴のために何も言い出せない心のために 自ら教壇に立って文吾の無実の罪を晴らそうと情報集めに奮闘する由紀の姿がありました
痣が強く残らなかったのは、子供の握力だったからだと そして、改めて未来で、心は文吾の子供として生まれ、由紀と再び出会い結婚するのです
こうして音臼小のお泊り会で劇薬入りの ジュース(心の2回目のタイムスリップで現代に戻ったときは、木村さつきが飲めない 牛乳に変化 自分がタイムスリップしたこと
細かく言うと、1989年の少年のみきおと2020年の大人のみきおの 2人 しかし!この時みきおは人生に絶望していた
これを知ったみきおが激怒し、 目玉をくり抜いて殺害 原作では、2人とも死ぬ展開ですが、長谷川翼の事件は自殺と言われてますが、詳しくは説明されていない! には、詳しい事件の真相あります
姉の鈴の変化 拘置所の父親に会いに行くと、姉の鈴が面会に来たと言います 冤罪にさせて、社会的に抹殺 刑務所に入ることで死刑となり社会的に抹殺させる を企んでいたのです
結末の続き:タイムカプセル• 原作の加藤みきおの共犯者は2020年の木村みきおですが、 ドラマではもう一人加わるようですね 原作の終わりも良いのですが、加藤みきおが心の写真を見ている(復讐を予感させる)ラストも良いかもしれません
犯人考察以外にも、ドラマ版は家族の絆や未来を変えようと奮闘する心さんや佐野さんの姿も魅力の一つだと思います ・さつきはみきおが音臼小事件の犯人とわかった時に 「母さんにまかせて」とみきおを責めない
14
心の母 参加者たちの異様ないでたちに「皆さんマスクとサングラス姿で、雰囲気が怖すぎる! そんな加藤みきおに、初日から声をかけてくれた鈴ちゃん、とっても眩しくうつったのでしょうね
みきおは車いすではなく自分の足で立ってます 佐野 文吾(鈴木亮平)…心の父親
そしてやたらタイムスリップについて関心を持ち、どうやって過去に戻ったのかその方法を心にしつこく聞くのです 三島明音 音臼村の三島医院の長女
しかし、 心は全てみきおとの会話を録音していたため、みきおが音臼小事件の犯人である証拠をゲット 「犯人が打ち込んでいると思われるワープロにあった『超能力』という言葉は、雪崩の場面に遭遇したさつき先生しか知りえない」、「2話で登場した犯人の目はまつげが長いので女性」、「文吾の自宅に証拠を隠せるのは家族である和子のみ」など、探偵ならではの鋭い視点で繰り広げられる考察の数々に、竹内は「なるほど…」と聞き入った
再び過去にタイムスリップした心の発見者が変更 ドラマでは再び過去にタイムスリップした心はあろうことか子供の 加藤みきおに発見されます みきおは、無差別毒殺事件の後遺症と偽り、車椅子生活をしていました
父親の無実を証明できれば子供を手放さずにすむと考えた心は、 真実を知りたいと行動に出ます 2017年
放送終了後、ネット上では「犯人まさかすぎ」「真犯人せいやかい!」「意外だった」など驚きの声が上がっている 居場所を突き止め正志の自宅へ行ってみると、そこには既に変わり果てた姿があったのです
音臼小跡で、無差別事件の慰霊祭が行われます 音臼小事件の被害者の会で何か手がかりを探そうと、心が喫茶店に鈴を呼び出して説得しようとしますが2人の席の近くには木村さつきの姿が……
しかしドラマでは原作よりもかなり明音の失踪時期が早まり、 1月16日に変更されています 主演の竹内涼真さんも 「(原作と犯人が違うのは)初めて知りました
加藤みきお です 三島千夏 音臼村の三島医院の次女
17