転生 したら 第 七 王子 だっ た ので 気まま に 魔術 を 極め ます。

その結果、周囲の評価がとんでもないことになっていくのだが……ロイドはそんなことは気にもせず、気ままに魔術を極めるのだった。

……のだが、本人はその力を戦闘に使おうとはせず、あくまでも知的好奇心優先で実験と研究に熱中していた。

余りある時間と資産、そして地道な努力と前世の知識、恵まれた環境により、ロイドは恐るべき速度で魔術を習得していく。

王位に関係がない第七王子ということで親兄弟から好きに生きろと言われたロイドは、今まで満足に出来なかった魔術の研究に励む事にする。

とある貧乏魔術師は決闘であっけない死を迎え、気づけばロイドという王族の子に転生していた。

19
。 。 。 。 。 。 。
74